JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?

2017年9月21日

解決!アスクミー JIJICO

たった7秒の関門を突破するには「第一印象」

ノンバーバルコミュニケーションの観点から書かれた竹内一郎氏の著作、「人は見た目が9割」がベストセラーになったのは約10年前のことです。中身こそが大事という文化が根差していた日本で、このセンセーショナルなタイトルは話題になりました。そしてこれを機に、中身同様に見た目も大事だという事実が注目され今に至っています。

7月2日付けの朝日新聞朝刊オピニオン欄、見た目に関するアンケート結果によると、人を見た目で判断することがあるか?という問いに対し、「よくある」「たまにある」と答えた人は全体の88%。今の社会では人は見た目で判断されていると思うか?に対し、「強く思う」「ある程度思う」と答えた人は全体の93%です。ほとんどの人が見た目で判断し、判断されていると思っていることがわかります。

実際、人は初めて会う人を見た目で判断しますが、それはたった7秒で決まると言われています。つまり第一印象が決まるこの関門を突破できなければ、中身を知ってもらう次のチャンスはないという事です。もちろん中身は大事ですが、その前に第一印象で相手に良い印象を与えることを考えなくてはいけません。

ステップ1. 自分に似合うものを知る

第一印象で良い印象を与えるには、見た目を良くすることです。これは生まれつきの美醜のことではありません。もちろん素材が美しい人はそれだけアドバンテージがありますが、それに安心して努力をしない人よりも、平凡な容姿でも日々努力している人のほうが好印象を与えられます。

見た目を良くする努力は、社会人に必要な努力です。具体的には、清潔感を保つ、似合う色の洋服を着る、サイズの合う洋服を着る、似合う形の洋服を着る、似合う形のメガネ・アクセサリーを身に付ける、似合う髪型を維持する、髪色を均一にする、カバンや靴など手入れの行き届いた小物を持つ等です。

まずは自分の外見と向き合い、似合うものを知るところから始めましょう。

ステップ2. 第一印象を戦略的に作りこむ

似合うものを身に付けて見た目を良くするのが第一段階だとすると、次はより戦略的に第一印象を制することに取り組みましょう。初めての人に会う時には、どのようなシチュエーションで会うのか、又その時相手が自分に求めるイメージはどのようなものかを考えることが大事です。

例えばつい先ほど辞職した女性大臣、リボンのついたスーツやミニスカートに網タイツといった洋服選びは、自身のポストに求められるイメージとはかけ離れたものでした。見た目のイメージの悪さが、評価の悪さにもつながった例のひとつです。

戦略的なイメージ作りとは、自分がどのような場に臨み、どのようなポジションかを認識した上で、自分が求められるイメージを見た目に反映させることです。

その際は、笑顔、姿勢、話し方にも注意しましょう。笑顔は自分が思うより2割増しの笑顔で、立ち姿座り姿も印象に大きく影響します。常に姿勢良くいましょう。話し方は、社会人としての成熟度を表すことを忘れずに。正しい言葉使いでゆっくりはっきり話すようにしましょう。

SNSの発展に伴い、個人が自由自在に自分の情報を発信できる時代です。その環境で、見た目は言葉を連ねて説明するよりもはるかに素早く効果的に自分の魅力を伝えてくれます。第一印象を良くすることが、これまで以上にビジネスにもプライベートにも大きく貢献することは言うまでもありません。

今までは「好きだから着る」だった人は「似合うものを着る」へ、さらには「どう見せたいか考えて着る」にシフトしてみてはいかがでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年10月14日 米田 創さん
寝具小売店主
子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?
夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。
2019年10月11日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意
実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。
2019年10月11日 茂木 秀一さん
彫り職人
還暦祝いとは?父・母や、男性・女性に贈る変わったプレゼントをご紹介
還暦の由来や意味などから、なぜ60歳を特別に祝うのか?どうして赤い物をプレゼントするのか?など、意外と知らない還暦の基礎知識についてご紹介します。
2019年10月10日 齋藤聡子さん
料理研究家
食卓を囲む時間を幸せなひと時にする方法
食卓を囲む時間を幸せなひと時にしませんか? 突然ですが、幸せをかんじるときってどんな時ですか?今幸せですか?と質問すると7割近くのひとが「幸せだ」と答えるそうです。泣いても笑っても同じ、1度きりの人生

テーマ