JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

Wi-Fi通信の脆弱性はなぜ生まれる?適切な対応方法とは?

2017年11月9日

解決!アスクミー JIJICO

安全なWi-Fi通信に脆弱性

PCやスマートフォンをネットワークに接続する際、Wi-Fi(無線LAN)を使用する方も多いでしょう。Wi-Fi通信で通信内容を暗号化する規格がWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)です。WPA2は発表から10年以上経った現在でも安全性が高く、Wi-Fi接続を行う機器の大半で使用されています。

しかし先日、WPA2に脆弱性が存在することが発表されました。この脆弱性は「KRACKs(Key Reinstallation AttaCKs)」と呼ばれ、端末とWi-Fiアクセスポイント(AP)との暗号化通信を行う際の暗号鍵を生成する過程で奪うことができ、攻撃者は暗号化された通信内容を復号して盗聴することが可能となります。

ほとんどのWi-Fi通信でWPA2が使用されているために影響範囲は大きいですが、盗聴されるのは端末とAPとの間の平文情報のみであり、SSL通信(httpsで始まるサイトとの通信)やVPN通信を行う場合は別の暗号鍵が必要になるため、内容は傍受されません。また、この攻撃は電波の届く範囲にいる必要があるため、顔を晒したくない攻撃者にとってはリスクが高い攻撃手法です。現在はこの脆弱性に対応した修正プログラムが続々と公開されており、被害報告もされていないようです。

脆弱性はなぜ生まれるのか?

このように情報セキュリティ上の問題では「脆弱性」という言葉をよく耳にします。「脆弱性」とは、PCやスマートフォンで稼働するOSやソフトウェアにおける情報セキュリティ上の欠陥であり、「セキュリティホール」とも呼ばれます。攻撃者が脆弱性を悪用すると、不正アクセスやウィルス感染等、様々な問題が発生しやすくなります。脆弱性が発生する要因として、以下が考えられます。

1.ソフトウェア設計上の要因

ソフトウェアの設計時にセキュリティを考慮していないと、潜在的に脆弱性が埋め込まれる可能性があります。脆弱性を防ぐには、開発するソフトウェアの利用状況や使用環境を踏まえたセキュリティ要件を盛り込むことが必要です。そのためには設計者が情報セキュリティに精通する必要がありますが、そのような設計者は数少ないのが実状です。

2.ソフトウェア開発上の要因

情報セキュリティを考慮した設計でも、プログラミングで脆弱性が生じることもあります。すべてのプログラマーが情報セキュリティに詳しい訳ではなく、テスト工程ですべての脆弱性を発見することも困難です。また、古くからのプログラムに更新が繰り返し行われるとソースコードが複雑になり、脆弱性が発見しにくくなるという課題もあります。

3.ソフトウェア使用上の要因

セキュリティ対策の行われたソフトウェアが開発されても、セキュアな利用がされなければ意味がありません。動作が遅くなる、設定が面倒という理由でセキュリティ機能をOFFにするような行為が該当します。また、設計者や開発者が想定していない方法で利用した場合にも脆弱性が明らかになることがあります。

脆弱性はなくならない

それでは、セキュアな設計をし、セキュアな開発が行われ、セキュアな利用を行えば脆弱性は無くなるでしょうか。このような行為自体不可能に近いのですが、仮に実現したとしても答えは「NO」です。攻撃者はソフトウェアに対する攻撃手法を常に探っています。また、技術の進化はこれまでできなかった攻撃を可能にすることもあります。

こうした脆弱性を防ぐには、セキュリティ修正プログラムが公開されたら都度、迅速に適用することです。世界中で大流行したランサムウェア「WannaCry」は既知の脆弱性を悪用したものであるため、被害に遭ったのは最新状態でないWindows PCばかりでした。

時には、攻撃者が先に脆弱性を発見し、修正プログラムの配布前に攻撃することもあります。こうした攻撃はゼロデイ攻撃と呼ばれ、防止する手段がありません。公開された脆弱性情報を確認し、脆弱性に関わる行為を行わないことが重要です。今回のWi-Fi通信で発見された脆弱性であれば、有線LANを利用する、重要なデータのやり取りにはSSL通信やVPN通信を利用する、等の対応が考えられます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ