JIJICO

上野 由理さん

美脚マエストラ

肌を老化させないために注意すべきポイントとは?

2017年11月12日

解決!アスクミー JIJICO

いい皮膚の日、肌美人のための対策を

11月12日は“いい皮膚”という意味で皮膚の日に定められています。

これから寒くなる季節。夏とは違って、乾燥と紫外線があなたのお肌を狙っています。今から対策をしておけばバッチリ。あなたも肌美人になりましょう。

キーワードは「足さない!引くの」です。

重曹パックで、「肌の排泄」を促す

意外と知られていないことなのですが、肌も排泄物を出す器官の一つです。排泄物をスムーズに出せると「シミ」や「くすみ」「ニキビ」などはできにくいのです。

まず一番の問題となってくるのが、「ターンオーバーの遅延」ですね。肌は生まれてから角質になって剥がれるのが約28日と言われていますが、問題のある肌や加齢とともに、ターンオーバーは約2倍遅くなると言われています。

表面にある角質層に焦点を絞りましょう。

おすすめなのが、キッチンなどで使われるベーキングソーダー(重曹)洗顔です。お掃除に使用される重曹は粒子が粗いため使うのを控えてください。

これからの季節なるべく拭き取り用化粧品を使ってメイクを落としてください。拭き取り用化粧品を使って、丁寧にコットンなどにたっぷり染み込ませ、メイクや古い角質を拭き取ってください。ちなみに、フランスなどでは拭き取り用化粧品で化粧を落とす手法が多いです。なぜならフランスは水が硬水のため、お肌にはよくないためです。

よく落とせたら、次は小さな小皿にベーキングソーダー(重曹)と水を加えてペースト状にします。目の周りを避けて顔全体によく伸ばしパックしてください。毛穴ケアにもなりますし、美肌効果があります。また古い角質を除去してくれます。洗い上がりは、くすみが取れて、綺麗な肌が見えてきます。正常な部分の肌はすぐに変化がわかるのですが、問題を抱えている肌は反応が鈍いです。

そのあと、しっかりとペパリン類似物質入りの化粧水で保湿してください。これらの一連の流れは「ターンオーバー」を促し肌本来の美しさを引き出します。

そして、乾燥を防ぐために「保湿」を心がけてください。乾燥している肌にとって紫外線は夏より注意が必要です。日焼け止めもこまめに塗り直しましょう。

「肝臓のデトックス」で内側からきれいに

まずは基本中の基礎をお伝えしました。続いて、内側からの美しさについてお話しいたします。お肌と肝臓はとても密接なつながりがあります。お肌を美しくしたいのでしたら、肝臓のデトックスをしていきましょう。

肝臓の調子が悪いと肌トラブルが起こります。肝臓に負担な食べ物、糖分と脂質を控えましょう。そして肝臓の仕事の手伝いとしてミネラルを摂取してください。

ミネラルが必要な理由は、近年の食品加工物の摂取が増えているためです。食品加工物は肝臓で処理をするため、肝臓にとても負担をかけています。

しかし、食べ物に含まれる量が少なくなかなか摂りづらいため、意図的にミネラルの多い食品を摂取してください。ミネラルの代表格として海藻類があります。私はふりかけとしてひじきを持ち歩いています。自分が続けやすいもので試してください。

そして、アルコールを飲まれる方は「飲むな」というのは難しいでしょうから「休肝日」を設けましょう。

仕事のしすぎで疲れが取れない方も肝臓に負担がかかりお肌がくすむ原因になります。疲れをため込みすぎないようにする、休日は体に「やさしい」食事をするなど、心がけるといいでしょう。

また、肌を綺麗にする排泄の中で夏から冬にかけて減っていくもの、それは「汗」です。寒いため、毛穴が縮んで汗をかきにくくなります。

なるべく運動してください。私が今はまっているのは「岩盤浴」です。昔のようなブームはなくなってしまいましたが、遠赤外線効果でじんわりと汗をかいてくれます。

汗の成分でも2種類あって、エクリン腺からかく汗と、アポクリン腺からかく汗があります。エクリン腺は全体的に多く、サラサラの汗をかきます。一方場所がアポクリン腺からかく汗はドロドロの臭い脂肪分の含んだ重金属を含んだ汗をかきます。アポクリン腺からの汗は肝臓の脂肪代謝の役に立ちます。できればしっかり汗をかくことを心がけてください。

しっかり「肌の排泄」を促し、良いお肌を作るため「肝臓のデトックス」を心がけて、理想の肌美人を目指しましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

上野 由理さん
美脚マエストラ

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2018年7月21日 早川 弘太さん
健康管理士
解決!アスクミー JIJICO
のどが痛い風邪は何を食べると良い?東洋医学的夏バテ対策の食養生
夏の暑さやエアコンによる夏風邪など夏の体調管理が年々難しくなってきています。そんな体調管理が難しい時期は食事のチョイスにも一苦労。そんな夏を元気に過ごすための『暑さによる熱を冷ます食材』『発汗と暑さで消耗した潤いを補う食材』などを中心にオススメの食養生をご紹介します。
2018年7月13日 水野 直美さん
健康アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
夏の野菜や果物にはどんな栄養があるの?暑さに負けない食事のとり方
トマト、なす、たまねぎなどの夏野菜がスーパーに出回るようになってきました。夏野菜でビタミンB群やマグネシウム、ビタミンC、食物繊維をしっかりとって、暑さに負けない体をつくりましょう。
2018年6月28日 長谷川 誠さん
毛髪診断士
解決!アスクミー JIJICO
この夏「冷やしシャンプー」と「炭酸水」で頭皮をスッキリさせましょう!
何人もの人が夏になると冷やしシャンプーを使い始めます。使ってはいけない人がいるとも知らないままに・・・。冷やしシャンプーが向かない人には、炭酸水のすすぎがおすすめです。
2018年6月27日 日高 靖夫さん
パーソナルトレーナー
解決!アスクミー JIJICO
40代は太りやすく痩せにくい!中年太りを予防する方法
40代になり、今までと違う体調不良や体型の変化に戸惑っていませんか?今こそ生活習慣を見直し、食べても太らない体を手に入れる絶好のタイミングです!

テーマ