JIJICO

前田 めぐみさん

心理カウンセラー

意外と知らない!?こころからスッキリ気持ちを切り替える方法

2017年11月25日

嫌なことがあったときに、どうやって気持ちを切り替えるか?

たとえば、職場で嫌なことがあったり、夫婦喧嘩をして不機嫌になったり、友達とのやりとりで気分が悪くなったりと、生きていると、たびたび嫌な気分や腹が立つことってありますよね。そんな時、あなたはどんな風に気持ちの切り替えをしていますか?

飲みに行って誰かに愚痴を聞いてもらったり、スポーツジムで体を動かして気分を紛らわしたり、カラオケに行って大きな声で歌を歌ってストレス解消をしたりなど、嫌な気分から早く逃れられるよう、自分なりにいろいろ工夫しながら、気持ちを整えている方も多いと思います。

でも、飲みに行ったり、スポーツジムやカラオケに行くのも、嫌な気分になった瞬間にすぐ行けるわけではありませんよね。

それまでの間、イライラやムカムカをなんとかするために、早く忘れようとしたり、楽しいことを考えてみたり、はたまた、相手も私のためを思って言ってくれたんだよなぁ…と捉え方を変えたりして、嫌な気分を嫌じゃないように持っていこうとする人も多いと思います。

でも、どうでしょう?意識して早く忘れようとしてもうまくいかないことってありませんか?忘れたくても忘れられないとか、忘れようとしているのに浮かんできてしまうなど。頭で一生懸命忘れようとしても、気持ちが付いていけず、結局ずっと気分が晴れないという経験は、みなさん多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

思考で気持ち・感情を抑え込んでしまうとうまく切り替えができない

では、なぜうまく切り替えができないのか?それは、思考でなんとかしようと気持ち(感情)を抑え込んでしまっているため、うまくいかないんですね。

嫌な気分を、スッキリ心から切り替えるためには、気持ちを無視して考えでなんとかしようとしても、無理が生じます。

嫌な気持ちは、感じて初めて消化されます。その時、嫌な気持ちを抑え込んでないものにしたとしても、自然に消えてなくなるわけではありません。時が過ぎて、出来事を忘れかけた頃、嫌な気持ちはなくなったかのように感じることがあるかもしれません。しかしそれは、抑え込んでいるだけで、心の奥には嫌な気持ちはしっかり溜まっています。なので、いくら思考でなんとかしようとしても、気持ちが残っている限り、切り替えができないのも無理もないわけですね。

まずは不快な感情を受け止めて消化することでスッキリ切り替えやすくなる

嫌な気持ちは誰しも感じたくはないので、避けようとします。でも避けて見ないようにしても、残念なことに消えてなくなりはしないので、不快な感情であっても、その感情を感じて受け止めていくことで、自然に気持ちは切り替えていけるのです。感情は感じれば消化されるので、足かせになっていた嫌な感情が消化されれば、自然に気持ちは切り替わっていきますからね。

一生懸命、嫌な気持ちを忘れようと思考でなんとかしなくても、感情を大事に受け止めることで、思考も感情も自然に切り替えていけるのです。

専門家に相談してみよう!

前田 めぐみさん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年12月12日 木村 文俊さん
大学生塾 理事長
解決!アスクミー JIJICO
大学生はより良い企業に目を向ける。脱!内定辞退狂想曲。
現在は、人口減社会。このような時代だからこそ、採用活動では「相手(学生)を知りたい」と思うことが必要。長期的には共生社会を目指すスタンスも。
2017年12月12日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
解決!アスクミー JIJICO
12月12日は漢字の日 漢字にまつわる面白い話
漢字が好きになるかどうかは、小学3年生でほぼ決まります。それには面白さを知ることも大切。「会意文字」や、古代の読み方の魅力をご紹介します。
2017年12月11日 GYUさん
アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師
解決!アスクミー JIJICO
12月11日はアルゼンチンタンゴの日 初心者でもタンゴにチャレンジ!
世界中で老若男女に踊られているアルゼンチンタンゴ!ダンスの技術の他に文化風習を学び世界中の人と繋がれるシンプルなダンス。そしてタンゴの技術は姿勢がきれいになりダイエットなどにもつながります。
2017年12月11日 松本 孝一さん
介護事業コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
認知症患者の割合、先進国で日本が1位
認知症患者の割合が先進国で日本が1位となりました。なぜ、日本は認知症患者数が多いのでしょうか?また、認知症患者数を増やさない取り組みを世界に発信することが必要となる点について解説します。

テーマ