JIJICO

GYUさん

アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師

12月11日はアルゼンチンタンゴの日 初心者でもタンゴにチャレンジ!

2017年12月11日

解決!アスクミー JIJICO

12月11日はタンゴの日

アルゼンチンでは12月11日を稀代の音楽家Julio de Caro(フリオ・デ・カロ) そして 大スターであるCarlos Gardel(カルロス・ガルデル)の誕生日を祝してタンゴの日と制定されています。

アルゼンチンタンゴはショーや映画のイメージでダンサーが踊るものと思われていますが、本場アルゼンチンでは老若男女が気軽に楽しむダンスとして親しまれています。今年のタンゴ世界選手権では82歳と90歳の老夫婦のカップルが出場しニュースになりました。タンゴは派手なステップやポーズもありますが、根底にあるのは二人で呼吸を合わせて踊り、音楽の旋律を一緒に味わうダンスです。

タンゴは幅広い層が楽しめるダンス

ダンスと聞くと、「運動が苦手」「リズム音痴」「若くないからできない」と思う方も多いでしょう。また「ペアダンスはちょっと」と思われる方も。タンゴはこのような思いを乗り越えて踊れるダンスです。その一部をご紹介します。

1.運動が苦手の方でも踊れますか?

はい、踊れます。また、運動能力が高くなくても大丈夫です。その理由はタンゴを踊るのに大切なことは姿勢と歩きだからです。姿勢は脇を締めて背骨をまっすぐに。歩きは特別な歩きではなく自然な歩きですので、特別な能力がなくても踊れます。
※ワンポイント講座:日頃、お参りや手をあわせて行う合掌。この合掌は私たちに美しく正しい姿勢を提供します。合掌のやり方は足元を揃えて立ち、胸の前で掌を合わせます。合わせましたら両手で押し合います。押し合った時に肩が上がるようでしたら肩をおろします。お腹とお尻に力がはいるとベストです。自然に背筋が伸び美しい姿勢になります。

2.リズム音痴でも踊れますか?

はい、踊れます。タンゴの基本は歩きです。普段どおりに街を歩くような感じで踊ります。複雑なリズムを覚える必要はありません。二人でゆったりと左右に揺らぐだけでもその楽しさを味わえます。

3.50代、60代からでも始められますか?

はい、始められます。本場ブエノスアイレスでは70代、80代の人たちも踊っているダンスです。また、タンゴは情感を味わうダンス。複雑なステップを覚える必要はなくシンプルなステップで楽しめます。そして、タンゴは体に良い作用をおこします。姿勢がよくなり、二人で動くことにより足の負担も軽減され、リラックスして動くのでより運動効率がよくなり、精神的にも楽しく動けます。それはウォーキングよりも効果的な運動です。

4.ペアダンスが苦手です。

日本人は男女で組んで踊るのがとても苦手です。私もそうでした。タンゴはダンスですが、同時にアルゼンチンの文化風習も学びます。特にタンゴのアブラッソ(抱擁)は相手への親愛なる挨拶。我々日本人が相手へ敬意を表して礼をするようにアルゼンチンではアブラッソ(抱擁)が一般的(友人、知人)な挨拶です。他のラテンや欧州の国でもアブラッソやチーク トゥ チークで挨拶します。挨拶ができるとその国の文化や人がぐっと近くに感じます。異国の挨拶を学んでよりグローバルな人生にしませんか?

5. タンゴを踊るとどのような効果がありますか?

タンゴを踊ることにより、様々な副産物をもたらします。このことは「Fruits of TANGO」といい、タンゴを踊ることによりももたらされるギフトです。

タンゴは美しく正しい姿勢や歩きを身につけます。その姿勢や歩きは美脚やくびれ効果を生み、肩こりや腰痛も改善されダイエット効果もあります。また、ペアで楽しく踊ることはストレス解消になり、マナーやエチケットなどが身につきます。そして海外の人と出会い、仲間や友人ができことによって異国の言葉や挨拶、文化風習、歴史など知らず知らずのうちに教養がつき自身の世界観が広がります。

このようにアルゼンチンタンゴを踊れることによって新しい世界が開けます。

人生のパスポート タンゴを身につけて世界に羽ばたこう

今タンゴは世界の多くの都市で踊られている、最も人気のあるダンスの一つです。タンゴが踊れると言語が話せなくてもぐっと自分自身の世界が広がります。それは違いを味わうダンスと他とてもいいでしょうか?性別、年齢、言語、生まれ、育ちなどまったく違う二人が出会い、バンドネオンの響きと共に踊りだす。踊る出した瞬間にその違いが一つになり、人の素晴らしさを味わえるダンスです。

「タンゴはパスポート」一度タンゴの世界にドアをあけてみませんか?素敵なギフトや多くの出会いが待っています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

GYUさん
アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ