JIJICO

甲田 一歩さん

アロマセラピスト

冬至にはゆず湯でリラックスしてみませんか?ただし、皮の残留農薬には注意!

2017年12月22日

解決!アスクミー JIJICO

12月22日はゆず湯に入る冬至

12月22日は冬至(とうじ)ですね。みなさんは冬至の日に行う習慣がありますか?日本で冬至と言えば、ゆず湯に入って、かぼちゃをいただく。というのが定番。最近では、生活スタイルの変化や面倒くさいなどの理由から、昔ながらの伝統を実践しない方も増えているようです。

そもそも、昔の人はなぜ冬至にゆず湯に入っていたのでしょうか?
○冬至にゆずのお風呂に入って身を清めた。
○冬至=湯治。
など諸説ありますが、アロマテラピー講師の立場からいわせていただくと、ゆずの精油成分にも関係しているのではないかと思うのです。

ゆずの果皮に含まれる成分について

実は柑橘系の果皮(果実の皮)はとても優秀なのです!

ゆずの果皮にも、リモネンやシトラールといった成分が含まれています。これらの成分は、血行を促進し、新陳代謝を活発にしてくれるといわれています。現代のように、入浴後すぐ暖房が効いた部屋に行けるわけではなかった時代、ゆずを湯船に浮かべて香りを楽しみながら、身体を温めることは、まさに先人の知恵ですね。古くから伝わる日本のアロマテラピーともいえるのです。

ゆず湯の注意点は「残留農薬」

さて、現代においてゆず湯を楽しむ場合、気を付けていただきたいことのひとつに、残留農薬があります。
庭に実ったゆずを使うなど、野生のゆずを使う場合は当てはまりませんが、オレンジやレモンと同様、ゆずを生産する農家では防虫のために多少の農薬が使われている場合があります。

農薬がついたままのゆずをお風呂に入れてしまうと、湯船に溶け出し、皮膚から吸収してしまう可能性があるのです。スーパーマーケットなどで買ってきたゆずは、果皮をよく洗ってから使用し、農薬が残らないようにしてゆず湯を楽しんでくださいね。

注目されるゆずの保湿効果

また、アロマテラピーでも、ゆずのエッセンシャルオイル(精油)は和精油として、近年とても注目されています。秋から冬にかけて、ゆずのハンドクリームを店頭でよく見かけるようになりました。私の開催するアロマ講座でも、この時期ハンドクリーム作りをするのですが、ゆずには保湿効果もあり、好んでブレンドされる生徒様も多いです。

ゆず湯は片付けも面倒だから…と、エッセンシャルオイで代用する方も増えてきています。
その際は、「アロマオイル」ではなく、「エッセンシャルオイル」と書かれている物を選んでくださいね。

アロマオイルは主に、人工的に似た香りに作られた石油系のオイルですので、肌につけるには向いていません。肌トラブルを起こす危険もあります。エッセンシャルオイルの場合も、購入する際に肌につけても安全なオイルかどうか、お店の人に確認しましょう。

エッセンシャルオイルにも芳香浴向けのものがある

精油(エッセンシャルオイル)にもグレードがあり、残留農薬の検査がされていない、芳香浴向けの精油があります。農薬が残っている精油を、お風呂に入れることは、濃縮された農薬を肌に塗るようなものです。そう考えると、肌にとって良くないなぁ。ということは想像できますね。

実は3、4年前から、ゆずの精油も「水蒸気留法」という方法で採油されるようになりました。それまでは「圧搾法」という、果皮に圧力をかけて絞るような感じで採油されていたのですが、圧搾法だとフロクマリン類という成分が一緒に入ってしまい日中につけるハンドクリームにブレンドするには向かなかったのです。そこでフロクマリン類を含まないように、水蒸気留法で採油するメーカーが増えてきました。こちらは、肌につけることを考慮している場合が多いので参考にしてみると良いですね。

12月22日の冬至には、ゆず湯を安全に楽しんでくださいね。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

甲田 一歩さん
アロマセラピスト

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。
2018年9月21日 半田 望さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
PTAに加入しなければサービスはなし?PTAの法的性質から加入義務と役割を考える
ここ数年、インターネット上を中心に、PTAに加入すべきかどうかや加入しないことの不利益などが話題になっています。PTAという組織はどのような経緯で作られ、法的にどのように位置づけられるのか。加入を強制されることの是非や加入していないことを理由に不利益を受けるのか、ということを考えてみます。
2018年9月20日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活・結婚の際に金銭感覚に違いがあったらどうすべき?すり合わせは可能?
婚活や結婚時に相手との金銭感覚にギャップを感じたら、今後の生活、将来を見据えて対処しましょう。話し合うタイミングを間違えずに、お互いを思いやる気持ちがあれば、金銭感覚のすり合わせは成功します。
2018年9月13日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
ブラックと言われないために…多様化する「職人」の労働時間管理を考える
時代の変化とともに、消費者に求められる「職人」の技術も多様化しています。時代に合わせた「職人」の働き方のしくみを作っていくことが大切です。

テーマ