JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

電車内での化粧(メイク)は「あり」?「なし」?

2017年12月26日

解決!アスクミー JIJICO

電車内の化粧の是非は?無関心で気にしない人もいるが…

電車での化粧は「あり」か「なし」か。結論から言うと「なし」でしょう。ただし、少数であっても「あり」と主張する人がいることも事実です。電車でメイクする人を見かけたら、おそらくほとんどの人がギョッとするにもかかわらずです。

加えて、電車でのメイクに理解を示す、あるいは無関心な人の存在も無視できません。このような空気も踏まえつつ、それでもなお、電車でのメイクが「なし」という理由を考えてみましょう。

電車での化粧がみっともないと思う人の割合は8割という事実

さて電車でのメイクをめぐる問題で記憶に新しいものとして、昨年の東急電鉄によるCMおよび啓発ポスター「都会の女はみんなキレイだ。でもときどき、みっともない」が浮かびます。

電車でメイクする女性をみっともないとした広告への反論は、「電車でメイクすることはみっともないことなの?」に始まり、「そもそもノーメイクで仕事に行くのは、なぜマナー違反なの?」「女性への抑圧では?」と、マナーの範囲を超えた分野にまで発展するものとなりました。

当時この記事を掲載したJ-CASTニュースが実施した1クリック投票による数字があります。それによると「電車でのメイクがみっともないと思う」人は全体の78.1%でした。では残りの21.9%がメイクは「あり」と思っているのかというと、決してそうではありません。「なし」つまり「そう思わない(みっともないと思わない)」人は5.9%で、残り16%は「状況による・どちらでもない」人でした。

他の機関による同様の調査でも、だいたいが8対2の割合で「なし」と報告されています。

マナーは、「周囲や相手への思いやり」

では、この事実を踏まえて改めてマナーという観点から見てみましょう。マナーは、周囲や相手に対する思いやりです。ビジネスでもプライベートでも、人と人が関わる環境でスムーズに物事を運ぶために生まれた行動基準です。これに照らし合わせると、8割近い人が不快に感じるという厳然たる事実がある以上、答えは明らかです。

電車でのメイクはマナー違反、やらないほうがいいのです。ほとんどの人が電車でのメイクに違和感を覚えるのは、電車内という空間の公共性にあるはずです。簡単に言ってしまえば、電車は家ではないという当たり前のこと。着替えや食事同様、メイクは家で済ませてくるべき類のことです。公共の場には、公共の場のルールがあります。なぜならそこは、他人と共有する空間であってプライベート空間ではないからです。

例えば新幹線の座席などは、比較的プライベートに近い空間が確保できると言えなくもありません。実際、先のアンケートで「状況による」という答えの中には、新幹線ならばまだ「あり」かもしれないというものもありました。

「恥」を考える日本人のアイデンティティを大切に繋げたい

古くから受け継がれてきた日本の文化には、「恥」という観念があります。これは、人からの評価が自身の行動基準になるもの。何らかの行動を選択するとき、人がどう思うかを考えるのがそれです。

集団の中で和を重んじ、周囲に思いやりを持って接する日本人の美徳は、このような文化に根差しているのです。もしかすると「電車でメイクすることが恥ずかしい」という感覚が希薄になってきているのかもしれません。

しかしそれでは、日本人を日本人たらしめてきたアイデンティティを手放すことになりかねません。どれだけ時代が移り変わろうとも、やはり公の場でプライベートをさらすのは恥ずかしいことなのです。周囲を困惑させることなのです。

電車でのメイクはマナー違反であると伝え、私達が誇る日本人としてのアイデンティティをしっかりと繋げていきたいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ