JIJICO

菅野 かおりさん

セラピスト

年末年始はなぜ『紅白』?

2017年12月31日

解決!アスクミー JIJICO

「紅白」の組み合わせにはどういう意味がある?

カラーのチカラであなたを笑顔にする、福島のサイ・カラーセラピスト菅野かおりです。さて、早いもので今年も年の瀬です。「年末年始」というと何色を思い浮かべますか。多くの方は『紅白』を思い浮かべるのではないでしょうか。

日本では古くから祝い事に紅白2色の組み合わせが使われます。紅白幕、紅白餅、紅白饅頭など縁起物には欠かせません。お正月のお節料理にも紅白なます、紅白のかまぼこが入っています。もらって嬉しい年賀状のはがきも赤と白です。赤は祝祭気分を盛り上げる華やかな色です。また、神社の鳥居、祝いの時の赤飯など、魔よけや厄除けとしても使われています。白も古お代から祭祀には欠かせない特別な色であり、白酒、白木、白馬、白鳥、白蛇など神聖性のシンボルでもあります。

インターネットサイト「ウィキぺディア」によると、『紅白』はハレを意味し、赤が赤ちゃんというように出生を、白が死装束の色のようにしと別れを意味するところから人の一生を表すという説、また、花嫁衣裳の色であるという説など、さまざまな説があるようです。

日本人にとって年末の「紅白」といえば「紅白歌合戦」

そして、「年末年始」が紅白というイメージになったのは、何よりも大晦日の「NHK 紅白歌合戦」の影響が大きいのではないでしょうか。「紅白離れ」ともいわれていますが、民放のニュースでも大きく取り上げられていますから、まだまだ楽しみにされている方が多いのだと思います。私も毎年楽しみにしている一人です。

NHKオンラインによると、その第1回は昭和26年1月3日のお正月のラジオ番組としてのスタートでした。出場組数は7組で、初優勝は白組でした。昨年放送された、黒柳徹子さんのエッセイが原作のドラマ「トットてれび」では、この初期のバタバタした生放送の様子が描かれていて大変興味深く観ることができました。

紅白の起源は源平合戦?

『紅白』が、「対抗する2組」の組み分けに使われる起源は源平合戦と言われています。京で貴族的な生活をする派手好みの平家は華やかな赤を軍旗とし、関東の土着的な武士だった源氏は簡素な白を軍旗としたのです。そこから、今でも運動会の組み分けのように当たり前のように使われていることはとてもすごいことのような気がします。

海外ではカウントダウンパーティーのように盛大に花火をあげて華やかに賑やかにお祝いをしますが、日本は、厳粛ななか鳴り響く除夜の鐘や、行く年を感謝し、来る年の幸を願う初詣のような厳かなイメージがまだまだ強いかもしれません。そんなイメージに合うのが『紅白』なのでしょう。どうか皆様、良いお年をお迎えください。

参考文献
色彩心理のすべてがわかる本 山脇恵子著 ナツメ社
色彩力           武川カオリ著 ピェ・ブックス

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

菅野 かおりさん
セラピスト

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ