JIJICO

河野 晃さん

弁護士

高額チケット転売、どうすれば防げる?それとも、需要と供給の関係から考えると妥当な行為?

2018年1月8日

解決!アスクミー JIJICO

転売行為のどこが問題?3つの視点で考える

アイドル・アーティストのライブチケットなどについて、転売目的での購入が問題になっています。またチケットに限らず、最新ゲーム機なども転売対象となっているようです。

一方で、価値あるものが高く売れるということに着目すれば、それは市場経済における自然な行動ともいえます。

チケットの転売のどこが問題か考えると、

①転売目的の購入が殺到することにより、本来売り手が勝手欲しい人たち(アイドルのファンなど)へ行き届かなくなるおそれがある
②転売対策を講じることにより人件費(入場時の本人確認等)、チケット発行費(電子チケット等の発行)などが発生し、結局チケット代を従来よりも高く設定せざるを得なくなる
③公共の場でのダフ屋行為は都道府県迷惑防止条例で禁止されているのに、インターネットなどを利用すれば罪にならないのはおかしい

といったところでしょうか。ライブを行う人目線で見れば、純粋に楽しんでもらえる人にチケットを買ってもらいたいという希望はあるでしょうから、心情的にも①の理由については特に共感は得られそうです。

転売は商売の基本ともいえるが「チケット」だからこそ問題になる?

一方で、転売という行為自体はありとあらゆる場面で用いられています。問屋商売にしても、不動産業にしても、転売を商売の基本としているが、これが問題視されることはあり得ません。なぜ、チケットについてのみ規制されなければいけないのか、という疑問が生ます。

そこにはやはり、チケット特有の問題があるのでしょう。その特有の問題こそが、上記①のような理由ではないかと思います。

チケットの転売を取り締まるべきか否か、という問いについては、答えは分かれるところであると思います。それだけ難しい問題だと思います。

しかし、個人的にはこのままチケットの高額転売を野放しにしておくことには違和感があります。「本当に行きたい人に適正な価格でチケットを売りたい」というチケット販売側の思いを無視することは良くないのではないかという、素人じみた意見がその違和感の根底にあります。

2020年には東京オリンピックがあります。今のままでは、このチケットも転売目的の買い占めにより高騰することは目に見えています。

これを懸念してか、政府与党内では、コンサートチケット等の高額転売を禁止する法案を作成する動きもあるそうです。こういった動きから、実際に法律で規制されることになるのか、なるとしてどの程度の規制となるのか、規制の効果はあるのかなどについて、注目していきたいと思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

河野 晃さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年6月13日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
企業・組織の「危機管理」とは?日大の事件から学ぶ危機管理
日大の危険なタックル問題、日大の対応が数多くの批判を招き事態は長期化の様相を見せている。この騒動から企業や組織の危機管理とはなんなのか、その本質を考えてみたいと思います。
2018年6月11日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
妊娠の時期はビジネスマナー?入社してすぐの妊娠と職場の対応
女性が働き続ける時に直面する、妊娠、出産というライフイベント。まず考えるのは妊娠の時期です。妊娠の時期は選べない?不意の妊娠、どうすればいい?会社はどう対応する?ビジネスマナーの視点から解説します。
2018年6月8日 大竹 光明さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
会社で結婚や出産を促進するのはセクハラやパワハラ?各種手当も不公平なのか
従業員の結婚・出産を支援する会社が増えています。こういった取り組みが少子化に歯止めをかけられるか注目ですが、配慮を欠くとセクハラやパワハラになるので注意が必要です。
2018年6月7日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
デスクワークで腰痛や四十肩に!労災は降りるの?必要な要件を解説
「労災」で思い浮かぶのは普通肉体労働を伴う現場での業務中の怪我ではないでしょうか。 これに対し長時間のデスクワークなどで腰痛や四十肩などが起きた場合、労災は適用されるのかについて解説をします。

テーマ