JIJICO

渋谷 亜佐子さん

家庭教育コンサルタント、マナー講師

好き嫌いを減らせる!?親子で楽しく「デコホットケーキ」を作りましょう!

2018年1月25日

解決!アスクミー JIJICO

子どもに好き嫌いがありがちなのは大人より味覚が敏感だから

子どもの食べ物の好き嫌いに頭を悩ますお母さんは多いと思います。このまま好き嫌いの多い大人になってしまったらどうしよう・・・。栄養のバランスが偏って健康に影響が出ると心配!と、つい不安になってしまいますね。

そもそも、子どもは大人よりもはるかに味覚に敏感です。舌の表面にある味覚を感知する「味蕾(みらい)」と呼ばれる器官が、様々な味を経験した大人のように摩耗しておらず、まだとても敏感なのです。

特に酸味や苦味は「腐っているのでは」「毒ではないか」と警戒してしまいます。ですから、苦味のあるピーマンやセロリ、ゴーヤなどは子どもに嫌われますね。また、匂いのきついニンジンや触感の悪いトマトやシイタケなども子どもはなかなか食べてくれない場合があります。

そこで、1月25日の「ホットケーキの日」にちなんで、デコホットケーキを使って子どもに苦手食材を食べさせることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

親子でデコホットケーキを作るときのポイント

苦手食材を混ぜ込むデコホットケーキを作るときのポイントは3つ。
1.苦手な食材の原型を知る(食材を隠して使わない)
2.一緒に調理することで食材に親しみを持たせる(原型が変化する面白さを味わう)
3.ホットケーキを思い思いに飾ることで愛着がわく(食べてみたくなる)
このポイントを押さえたら、後はお母さんの感性と腕の見せ所です。

参考例をあげてみましょう。

  • ニンジンやピーマンなどをミキサーにかけ、それぞれ色の違うホットケーキの生地を作る
  • 苦手食材をジャムにしてトッピングに使う
  • 苦手食材をフライにして食感で楽しませる
  • ホットプレートで直径10㎝くらいの小さなホットケーキを焼いて、色んなトッピングを楽しめるようにする
  • 「トッピング対決」など、遊び心を取り入れる

後は、子どもの好きなフルーツや生クリーム、チョコレートなども一緒に用意してみてはいかかでしょうか。

子どもは甘味が大好きです。嫌いな食材でも甘みを加えることで食べてくれるかも知れませんね。

大切な事は、食材に対して興味を持たせ、苦手意識をできるだけ作らせないことです。できれば一緒にスーパーへ食材探しに出かけましょう。産地や生産者の方々の話をするのも良いですね。

また、お母さんと一緒に調理をすることで親子のコミュニケーションも取れ食に対する関心も深まります。子どもがどんなデコホットケーキを作ってくれるのかお母さんも楽しみですね。

子どもだって自分で作れば、また美味しさも変わることでしょう。子どもが苦手食材を食べることができた時は、その場で思い切りほめてあげましょうね。寒い冬、親子で楽しくデコホットケーキを作って食べると、心も体もきっと温かくなりますよ。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2018年5月18日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
不登校の我が子に親ができることとは?子どもの力を信じて
不登校の子供に学校復帰を促すべきか、それとも多様な生き方を認めるべきか、は悩ましい問題。まず親自身が「自分に納得できる生き方」を探し続ける姿をモデルとして示しつつ、我が子の力を信じ続けることが大切。
2018年5月13日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには
大型連休が終わり、日常生活に戻る中で体調やメンタルに不調を感じる人が増えています。連休疲れや春バテから脱却するために、うまく気持ちを切り替える方法を解説しています。
2018年5月11日 吉田 真理子さん
健康運動指導士、 フィットネスインストラクター
解決!アスクミー JIJICO
妊娠中におすすめの運動は?種類・効果を詳しく解説
妊娠中の運動は、妊娠中の諸症状の緩和やストレス解消はもちろんのこと、安産や産後の回復にもつながる、して損のないものです。安定期に入ってお医者様から許可が下り、体調が問題なければいつでも大丈夫です。今回は、具体的な運動の種類や効果などを解説していきます。
2018年5月10日 川村 美星さん
産後ケアリスト
解決!アスクミー JIJICO
産後うつからママを救ってあげて!家事支援や傾聴が重要
近年、「産後うつ」が増加してきていることが問題視されていますが、それはホルモンの急激な変化が影響しています。そのことを家族が良く理解してあげることが産後うつからママを救うことになります。

テーマ