JIJICO

渋谷 亜佐子さん

家庭教育コンサルタント、マナー講師

好き嫌いを減らせる!?親子で楽しく「デコホットケーキ」を作りましょう!

2018年1月25日

解決!アスクミー JIJICO

子どもに好き嫌いがありがちなのは大人より味覚が敏感だから

子どもの食べ物の好き嫌いに頭を悩ますお母さんは多いと思います。このまま好き嫌いの多い大人になってしまったらどうしよう・・・。栄養のバランスが偏って健康に影響が出ると心配!と、つい不安になってしまいますね。

そもそも、子どもは大人よりもはるかに味覚に敏感です。舌の表面にある味覚を感知する「味蕾(みらい)」と呼ばれる器官が、様々な味を経験した大人のように摩耗しておらず、まだとても敏感なのです。

特に酸味や苦味は「腐っているのでは」「毒ではないか」と警戒してしまいます。ですから、苦味のあるピーマンやセロリ、ゴーヤなどは子どもに嫌われますね。また、匂いのきついニンジンや触感の悪いトマトやシイタケなども子どもはなかなか食べてくれない場合があります。

そこで、1月25日の「ホットケーキの日」にちなんで、デコホットケーキを使って子どもに苦手食材を食べさせることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

親子でデコホットケーキを作るときのポイント

苦手食材を混ぜ込むデコホットケーキを作るときのポイントは3つ。
1.苦手な食材の原型を知る(食材を隠して使わない)
2.一緒に調理することで食材に親しみを持たせる(原型が変化する面白さを味わう)
3.ホットケーキを思い思いに飾ることで愛着がわく(食べてみたくなる)
このポイントを押さえたら、後はお母さんの感性と腕の見せ所です。

参考例をあげてみましょう。

  • ニンジンやピーマンなどをミキサーにかけ、それぞれ色の違うホットケーキの生地を作る
  • 苦手食材をジャムにしてトッピングに使う
  • 苦手食材をフライにして食感で楽しませる
  • ホットプレートで直径10㎝くらいの小さなホットケーキを焼いて、色んなトッピングを楽しめるようにする
  • 「トッピング対決」など、遊び心を取り入れる

後は、子どもの好きなフルーツや生クリーム、チョコレートなども一緒に用意してみてはいかかでしょうか。

子どもは甘味が大好きです。嫌いな食材でも甘みを加えることで食べてくれるかも知れませんね。

大切な事は、食材に対して興味を持たせ、苦手意識をできるだけ作らせないことです。できれば一緒にスーパーへ食材探しに出かけましょう。産地や生産者の方々の話をするのも良いですね。

また、お母さんと一緒に調理をすることで親子のコミュニケーションも取れ食に対する関心も深まります。子どもがどんなデコホットケーキを作ってくれるのかお母さんも楽しみですね。

子どもだって自分で作れば、また美味しさも変わることでしょう。子どもが苦手食材を食べることができた時は、その場で思い切りほめてあげましょうね。寒い冬、親子で楽しくデコホットケーキを作って食べると、心も体もきっと温かくなりますよ。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「食とおもてなし」のその他の記事

2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。
2018年10月4日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
「本当にそれはマナーなのか?」正しいマナーを見抜く方法
正しいビジネスマナーには「汎用性」があります。多くの人が認知し実践しているマナーが正しいマナー。それは時代と共に変化しても、すぐに広まります。「汎用的かどうか」を目安に正しいマナーを身に付けましょう。
2018年8月29日 鎌田 孝さん
利酒師
解決!アスクミー JIJICO
日本酒でよく目にする「生酒」「原酒」とは?違いや特徴を解説
日本酒のラベルなどで良く目にする「生」と言う表示や「原酒」など一体どういうものなのか?日ごろモヤモヤするところを一気に解説します!
2018年8月11日 水野 直美さん
健康アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
夏のオススメ作りおき常備菜 暑くて時間がなくても安くてすぐできる!
猛暑で体が疲れ、料理をする気力も湧きにくくなります。今回は、旬のものを使って短時間でできるオススメの作り置き常備菜を紹介します。休みの日にまとめて作っておいて、1週間食べまわしをすれば便利です。

テーマ