JIJICO

小倉 越子さん

社会保険労務士

「いいから早く帰れ」(ジタハラ)では残業はなくならない。残業の個別管理が必要。

2018年2月1日

解決!アスクミー JIJICO

「残業するな」と早く帰ることだけを一方的に強要するジタハラ

最近「残業代ゼロ法案」「働き方改革」など労働時間の短縮を推進する言葉がかなり定着してきました。その第一歩として多くの企業が取り組んでいるのが「残業抑制」です。企業ごとに「ノー残業デー」を作るなどして、「時短」を進めています。

それに伴い「ジタハラ」という言葉が登場しました。「ジタハラ」とは、「労働時間短縮ハラスメント」のことです。具体的には、企業として時短のための何の取り組みもないまま「残業するな」「さっさと帰れ」と早く帰ることだけを一方的に強要し、相手に不快感を与える行為のことです。

慢性的に残業が多い人はなぜ生まれるのか?5つの特徴

私は、かつて大型ショッピングセンターで、常時800人ほどいた従業員の労働時間を毎月管理していました。「三六協定」違反や極端な長時間労働者がいた場合には、会社として理由を聞き、今後同じことが起こらないように指導を行うためです。

小売業は、売場によって業務の繁閑がはっきりしています。花売場が一番忙しいのは花の日の前です。おもちゃ売場が一番忙しいのは、クリスマスの時期です。こういった繁忙期に残業が増えるのは仕方がないことと言えます。しかし、数多くいる従業員の中には、年間を通じて残業が多い人、売場が変わっても残業が多い人というのが何人かいました。

こういった慢性的に残業が多い人には、いくつかの共通点が見られます。

① 商品の整理や売場の掃除など、明確な終わりがない仕事をダラダラとやっている。
② アルバイトに頼める作業も、自分でやろうとする。
③ 残業代が生活費の一部になっている。
④ 仕事以外にやることがない。
⑤ 家の居心地が悪くて帰りたくない。

③④⑤は面談で実際に発せられた言葉ですが、使命感やこだわりで自らサービス残業をする人もいました。タイムカードを押した後にも仕事をしたり、自分の休みの日に売場に来て勝手に仕事をしたりするのです。

本人はやりがいを感じているようでしたが、会社としては未払い残業代を問われることになりかねません。こういった会社が命じたわけではない、自主的残業をする人は他の会社にも存在するらしく、現在のお取引会社からもよく相談があります。

社員一人一人の日々の残業の意味を確実に把握することが必要

残業と聞くと、会社の命令で仕方なくやっているという印象がありますが、決してそればかりではありません。

私自身、自分が本当にやりがいを感じている仕事をしていたときには、24時間仕事をしても足りないくらいの気持ちでした。また、会社員の給与が上がらない今の時代では、残業代に生活費を頼らなければならない人も多くいます。

残業が減って、自分の時間が増えたとしても、その時間をどう使うかが問題になってきます。残業が減ると、いいことばかりではありません。

ジタハラは、不快感だけではなく、社員の生活に悪影響を与えたりサービス残業による未払い賃金を引き起こしたりする可能性もあります。社員一人一人の一日一日の残業の意味を確実に把握することが必要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

小倉 越子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ