JIJICO

小川 多栄子さん

ファッションデザイナー

シニア・大人世代だからこそ、気を付けていたい身だしなみ・オシャレのコツ

2018年2月9日

解決!アスクミー JIJICO

服装を考える前に!見た目が瞬間に変わるコツ

姿勢を良くするだけでも見た目は変わります。

後ろ姿は思ってる以上に大切

周りの人は貴方の後ろ姿、しぐさで印象を感じています。後ろ姿が素敵だと印象は良くなります。

歩き方

意識して恰好よく、品よく歩くましょう。歩き方が奇麗な人はかっこよく見えます。姿勢、歩き方が変わるだけでも、周りからの見た目印象は必ず良く見えます。

いつまでも素敵に!オシャレに魅せるコツ

年齢に無理のない範囲のオシャレはいつまでも現役で、素敵な貴方でオシャレを楽しめるようになります。オシャレは体型や、身長、年齢は関係ありません。気をつけると劇的に変わるポイントがあります。

①バランス

自分の身長、体型にあった服の丈は大切です。コーディネートで自分にあったバランスが決まると、誰でもかっこよく服を着こす事が出来ます。

例えば、雑誌のモデルさんのコーディネートを自分らしく着るには、モデルの着てる服の丈感に注意。トップス、ジャケットがヒップまでなのか?ボトムスの丈?足首がどのくらいみえているのか?着る服の丈感あうと、きれいに魅せるバランスになります。そのバランスで自分が同じように着こなせる丈の服を探す。同じバランスが出来れば、身長、体型に関係なく違和感が無くなります。

②ボトムスを決める

ボトムのサイズ感はとっても大切。スッキリとした見た目はさわやかが増します。また、ボトムスがカッコ良く着こなせるとトップスはシンプルな物でもボトムが決まってると、清潔感、品の良さを感じます。

③色を取り入れる

大人世代になると同じような色目ばかりのコーディネートになりがちです。派手にする必要は無いですが、奇麗な色を上手く使うと、印象が変わります。きれいな色目はさわやかさが引き立ち、淡い色目は優しいイメージを演出してくれます。

顔の周りなどに色を少しプラスするだけで、顔が明るく見えるので、カラーは上手く取り入れると年齢を重ねても若々しく生き生きした印象になります。例えば、女性はスカーフ、アクセサリーからでも大丈夫。男性はネクタイ、シャツの色、から変えて見て下さい。

④流行りの1つをコーディネートに自然に取り入れる

トレンドアイテムを無理に着る必要はありません。例えば、その時の流行ってる色目を、
少しいつものコーディネートにプラスするだけで、オシャレ感が出ます。

服の基本のコーデはシンプルな組み合わせでも、色の上手い魅せ方が出来れば、現役のオシャレ感は自然なイメージで出す事が出来ます。

大人の男性が清潔に見える為に気を付けたい点

靴の手入れ、カバンの手入れ

靴やカバンがきれいだと清潔感が増します。革靴はしっかり磨いておいて、カバンもよれよれのものは使わない方がよいでしょう。

ハンカチなどの小物

ハンカチやスカーフなどもきれいにしてると、さわやかでダンディーな印象が出てきます。

大人世代のカッコいい服装は、スッキリとした着こなし方のバランスが大切。姿勢の良さで魅せ方は凛とした大人の雰囲気に。持ち物も含めた奇麗な身だしなみは清潔感が出て、品のある好印象になります。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

小川 多栄子さん
ファッションデザイナー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ