JIJICO

つだ つよし。さん

心理カウンセラー

ゴディバの[義理チョコやめよう]広告の真の意味とは

2018年2月14日

解決!アスクミー JIJICO

2月1日の新聞に「義理チョコやめよう」広告が掲載

2月1日の日本経済新聞朝刊に「日本は、義理チョコをやめよう」というメッセージが添えられた全面広告が掲載されました。

掲載主は、なんとバレンタインに一番ヤル気マンマン!と思われていた(勝手に思っていた)ゴディバ(GODIVA)この広告に、今 ネット上などで 賛否両論、様々な意見が挙がっているようです。

独自に進化した日本のバレンタインデー文化

もともとバレンタインは 好意を寄せる男性へ 女性が年に一度 チョコレートに自分の想いを込めて届ける日。

それが 現代では さすが進化の日本 クリスマス、ハロウィーン同様 バレンタインも友達への友チョコ、家族へのファミチョコ、男性から女性への逆チョコ、女性から女性へ愛の告白 ユリチョコ、最後は自分へマイチョコ。などなど、独自の進化を遂げさせています

「義務チョコ」と化した「義理チョコ」に存在意義はあるのか?

今回 廃止のメッセージが出されているのは その中の一つ『義理チョコ』です。もともと 義理チョコは女性から友人男性へのプレゼントとして贈られるチョコでしたが、今や 職場などに関わる男性全てに配らないといけない『義務チョコ』へと変わったことで 今回のような意見が出てきたのだと思います。

これも日本人特有の「こっちを立てれば あちらが立たない」などの思いやりの心理と、お歳暮などの贈物で気持ちを伝える日本の文化が混じっているものではないでしょうか?

バレンタインはまず贈る側が楽しい気持ちになることが重要なのでは

私自身は、もらえるものは何でももらいたい性格なので 『義理チョコ廃止』は反対です。
ただ「つだにもあげとかないと、後で何か言われそう」という『義務チョコ』ならば受け取りたくありませんし、ホワイトデーにはこちらも義務として何の気持ちも込めずに、義務返しを行うだけです。

これって楽しい?単純ですが、これが一番大切なのではないでしょうか?

渡す方が楽しければ これほど素晴らしいコミュニケーションツールはないと思います。賛成・反対。続行・禁止。と どちらかで判断する前に、自分の会社のバレンタインが楽しそうか?楽しくなさそうか?

自分自身が楽しいか?楽しくないか?で 考えてみてはいかがでしょうか?きっとゴディバの「日本は、義理チョコをやめよう」というメッセージも、「バレンタインを1年に一度ワクワク・ドキドキする楽しいものに戻そうよ」という意味なのではないでしょうか?

もし 義理チョコあげなかったら あの人機嫌悪くなりそう…と思っている方がいたとしたら…チョコレートもらえなくてイジケル男は その程度の男ですよ。距離を置いた人間関係くらいが ちょうど良いんじゃないでしょうか?

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

つだ つよし。さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年7月20日 鎌田 孝さん
利酒師
解決!アスクミー JIJICO
夏でも日本酒!暑い時期に楽しむ新しい飲み方・トレンドを解説
夏になると敬遠されがちになる日本酒。夏ならではのとっておきの清涼感たっぷりの飲み方や夏には特に気を付けなければならい飲む時の注意点を詳しく解説します。
2018年7月19日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活で「価値観」はどこまで重要?何を相手に望むべきなのか
婚活において「価値観」が合うというのは、愛が始まる前段階の判断基準に過ぎません。結婚は、愛し合う感情の扉が開く人との出会いから始まります。その出会いを妨げないように条件を広げて多くの方に会う事が重要です。
2018年7月18日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法
ネガティブな感情に振り回されることは誰にも起こりうる。自暴自棄な行動で周囲を傷つけないためには、人との関わりの中で冷静に自分の感情を見つめ、孤立しないことが大切。場合によっては専門家の助けも必要。
2018年7月16日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか
介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。

テーマ