JIJICO

五井 淳子さん

社会保険労務士

イクメンの理想と現実~そのギャップを埋めるためには~

2018年2月15日

解決!アスクミー JIJICO

社会に定着しつつある「イクメン」のイメージとは?

わが国では、「男は仕事、女は家庭」という性別分業意識が強く、男女雇用機会均等法施行から30年以上がたった今でも、それは根強く残っています。しかし、近年では子育てに積極的に参加し、仕事も頑張る「イクメン」という言葉も誕生し、その存在はすっかり定着しているように感じます。

私も含め、世間一般のイメージとしての「イクメン」は、「育児休業を取ったり、保育園や幼稚園の送り迎えその他子育て全般に積極的で、仕事もバリバリこなす素敵なお父さん」といった好意的なものが多いのではないでしょうか。(「母親が育児をしても『イクウーメン』などと言われないのに、父親だけを特別視するのはおかしい」という議論は、ここでは置いておきます。)

イクメン当事者の感じる違和感や複雑な思い

しかし、当の「イクメン」たちは、「親として当たり前のことをしているのに、イクメンと賞賛されるのには違和感がある」「労働時間の長短で評価が決まる現状で、定時退社はマイナスになる」など、複雑な思いを抱いているようです。

なぜこのようなギャップが生まれるのでしょうか。それは、男性の育児参加は当然だ、という意識は高まっているのに、育児と仕事を両立させるための職場環境が整っていないところに原因があると考えられます。

そもそも、定時退社が後ろめたいのは「残業して当たり前」「残業するのができる社員」といった考え方が未だ根強いことに加え、残業しなくては終わらない量の仕事がある(または残業を前提としたやり方で仕事をしている)、ということでしょう。

これらは、一個人が努力してどうにかなるというものではありません。職場全体が、育児中の社員の働き方に理解を示すとともに、無駄な仕事はないか、非効率な進め方をしていないかなど、働き方そのものを見直していく必要があります。

「イクボス」に期待される役割・働き方

とはいえ、イクメン自らがそれを提案するには、かなりの勇気が要るでしょう。そこで期待されるのが「イクボス」です。

「イクボス」とは、育児と仕事の両立に理解を示し、部下を応援する経営者や管理職のこと。一定の権限および決定権を持った彼らが中心となって働き方を見直すことで、初めて「イクメン」が働きやすい環境を整えることができるのです。

NPO法人Fathering Japan では、イクボスとしての基礎知識や心構えを問う「イクボス検定」の実施や、積極的にワークライフバランスを推進している企業が加盟できる「イクボス同盟企業」「イクボス同盟中小企業」を公表するなどして、育児と仕事を両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

参照
イクボスプロジェクト 
日本総イクボス宣言プロジェクト

また、厚生労働省も「日本総イクボス宣言プロジェクト」を立ち上げ、日本全国のイクボスからの動画を募集・発表する企画「ひろがれイクボスの輪」などで、イクメンに優しい企業を応援しています。

まだ十分に浸透しているとはいえないこれらの活動ですが、少しずつでもこうした取り組みを行う企業が増えてくれば、イクメンが感じている理想と現実とのギャップも解消するのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

五井 淳子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ