JIJICO

山下 江さん

弁護士

交通事故被害、提示された示談金額が安い!弁護士に頼むと赤字?

2018年2月22日

解決!アスクミー JIJICO

交通事故の示談金に納得できない場合は弁護士に相談がおすすめ

不幸にして交通事故に遭われた際には、加害者側の保険会社から示談金の提示があります。その金額が安くて納得できない場合はどうすれば良いでしょうか。結論から言うと、弁護士に相談し、依頼すべきです。

交通事故被害金額の計算には二重基準がある

弁護士に相談すべき理由は、交通事故の被害金額(賠償金額)の計算方法は二重基準となっており、任意保険基準と裁判基準の2つがあるからです。

任意保険基準とは、各保険会社内部において定めている計算基準であり、裁判基準とは、裁判になった場合に判決で言い渡されるであろう計算基準です。

そして、多くの場合において、裁判基準が任意保険基準を相当上回るのです。被害者に弁護士が付いた場合には、その弁護士は、加害者側の保険会社に対して、裁判基準に基づいて交渉をし、それに近い金額で合意することになるのです。

ですから、弁護士に依頼すれば、保険会社提示の示談金額を相当上回る金額で示談が成立する可能性が高くなります。

弁護士に依頼しても裁判まで至る可能性は低い

弁護士に依頼すると裁判になるのでは・・裁判まではしたくない、というご意見もあるかと思います。しかし、山下江法律事務所の場合ですが、裁判にまでなるのは全体の約10%程度であり、ほとんどは交渉にて解決しています。

また、裁判にするかどうかは、最終的に依頼者の希望に添いますので、弁護士に頼んだからと言って裁判になるわけではありません。

弁護士に相談しても赤字にならないか?特約がなくても大丈夫?

弁護士に頼むと弁護士費用が高いので赤字になってしまわないか心配という声も聞きます。被害者が弁護士費用特約に加入している場合は、加入している保険会社から弁護士費用が支払われますので心配はいりません。

また、弁護士費用特約に加入していない場合でも、加害者側からの賠償金額・保険金額を上回るような弁護士報酬はいただかないという法律事務所も多く存在します。私のところも同様の方針です。

また、山下江法律事務所では、損害額が少なく費用倒れで赤字になりそうな事案については、他の方法を提案しています。また、相談料ですが、多くの事務所で無料としています。

交通事故に遭ったらまずは弁護士に相談するのが良い理由

最もおすすめしたいのは、示談金の交渉時よりも前、交通事故に遭われたらまずは弁護士に相談ということです。特に後遺障害の認定においては担当医の判断が大きく影響し、損害額の計算においても治療経過が影響します。

最初の段階から弁護士に相談し、どのような治療方針をとるべきかなどを検討すべきと思います。交通事故に遭ったら、警察・保険会社に連絡するとともに、是非とも早い段階で弁護士に相談されることをおすすめします。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山下 江さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2019年6月23日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
うつ病を発症し退職からのひきこもり、どのように回避すれば良いか?
「うつ病発症➝退職➝ひきこもり」の流れを回避するポイントは、「自分で抱え込まず、援助を求める」こと。うまく援助を求めるのも一種のスキルと捉え、社会資源を可能な限り利用することが大事。
2019年6月13日 松田 友和さん
医師
糖尿病の本当の怖さと向き合い方
寿命が10年縮むと言われれば、どんな病気を想像しますか。糖尿病を放置すれば、元気で長生きの大きな障壁になります。その一方で、糖尿病に向き合うことで、必ず「元気で長生き」は達成できます。
2018年8月16日 鹿島 直之さん
精神科医
解決!アスクミー JIJICO
ゲーム依存症が国際疾病に認定 求められる対策について
ゲーム依存症は治療が必要な精神疾患である。他の依存症と同じように、本人は依存症の自覚に乏しいため、早期発見と家族の関わりが大切である。
2018年8月2日 田村 兼人さん
獣医師
解決!アスクミー JIJICO
ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策
この時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も犬などの動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。熱中症は、確実に動物の生命を脅かします。その予防と対策について解説します。

テーマ