JIJICO

橋本 貴司さん

ドローン操縦者

ドローン空撮 どんな手続きが必要?日程はどれくらい見ておけばいい?

2018年2月24日

解決!アスクミー JIJICO
ドローンを買って屋外で飛ばす場合、「場所」と「方法」により国で定められたルールに従って手続きが必要ってご存知ですか?今回は、国土交通省のホームページに掲載されている「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」 に基づき、ドローンの飛行ルールを解説します。

ドローンを屋外で飛ばす際の基本ルールとは?

まずドローンを飛行させるのに「許可が必要な場所」ですが、例えば空港や警察・消防のヘリポートが近くにある場合、「空港等の周辺の空域」とし、航空法で設定されている高度や距離などがありますので飛ばしたい経路を確認し、該当する場合は事前に管轄の空港事務所へ申請許可を得る必要があります。

また飛行機やヘリコプターなどの有人航空機は航空法により最低高度が150mと定められています。ドローンを150m以上の高高度で飛ばしたい場合は、有人航空機の航行の安全確保のため「地表又は水面から150m以上の高さの空域」とし、こちらも管轄している空港事務所へ別途飛行申請をして許可を得る必要があります。

そして5年毎に実施される国勢調査の結果から定められている「人口集中地区(DID)」の上空を飛行させたい場合にも、「人又は家屋の密集している地域の上空」として、国土交通省地方航空局の許可が必要となりますので事前に確認してください。

その他、国の重要施設等周辺や地方自治体の条例により定められた飛行禁止区域、道路や私有地上空等も含め様々な法律により守られていますのでこれらの上空でドローンを飛行させたい場合にも事前に問い合せ等をして確認し許可を得るようにしましょう。

「飛行させる方法」に関してもルールがある

次はこれまで解説した「飛行させる場所」に関わらず、「飛行させる方法」として、以下のルールが国で定められています。

・日出から日没までの「日中」に飛行させること
・直接肉眼でドローンを確認できる「目視」範囲内で、その周囲を常に監視して飛行させること
・第三者の「人」又は第三者の建物や車両などの「物件」との間に30m以上の距離を保って飛行させること
・イベントや祭りなど多数の人が集まる「催し物の上空」で飛行させないこと
・爆発物等の危険物を吊り下げるなどの「輸送」をしないこと
・ドローンから物を「投下」しないこと

といったルールを守る必要があり、日没後の「夜間飛行」でドローンを飛ばし夜景を撮影したい場合、または建物等の裏側に操縦者が回り込めなくて肉眼での目視ができない「目視外飛行」等、定められたルールから外れてしまいそうな飛行方法でドローン空撮を行いたい場合には申請書にその理由などを記載し、国土交通省地方航空局長の「承認」を必ず得る必要がありますので覚えておきましょう。

申請手続きは国土交通省ホームページでダウンロード可能

最後にこれまで解説した「場所」や「方法」で飛行させたい場合の許可・申請の手続きについては国土交通省のホームページより「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」をダウンロードできますので必要事項を記入のうえ郵送や持参または電子申請システムでの提出となります。

申請先については以下の飛行を行おうとする場所を管轄する空港事務所または国土交通省(東京航空局/大阪航空局)になります。

飛行を行おうとする場所が、北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県・静岡県の場合は「東京航空局」となり、飛行を行おうとする場所が、富山県・石川県・福井県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の場合は「大阪航空局」となります。

なお申請から許可承認までの期間については、国土交通省が「許可・承認の申請書については、飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日等を除く。)までに、」としていますが実際は不備などの訂正期間もありますので余裕をもって飛行予定日の3週間〜1ヶ月前を目途に手続きを始めるのがおすすめです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

橋本 貴司さん
ドローン操縦者

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「役所の手続き・公的文書」のその他の記事

2018年7月27日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
解決!アスクミー JIJICO
元号変更や消費税アップでシステム改修の現場は悲鳴?実態は
来年の新元号使用開始に伴い、和暦を使用しているシステムは改修が必要になります。その他消費税アップや東京オリンピックも加わりシステム現場では悲鳴があがっています。
2018年3月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
受動喫煙対策強化の流れ。改正案が自民党の部会で了承
来る東京オリンピック・パラリンピック向けに対応が求められていた受動喫煙対策。飲食店の広さばかりが取りあげられているけれど、それって本筋の議論?公共空間での受動喫煙がなくなる点は前向きにとらえたい。
2018年2月24日 橋本 貴司さん
ドローン操縦者
解決!アスクミー JIJICO
ドローン空撮 どんな手続きが必要?日程はどれくらい見ておけばいい?
鳥目線でダイナミックな動画や写真撮影が可能な無人航空機ドローン。でも、外で飛ばして撮影をしたいという場合、いつでもどんな場所でも飛行できるの?いいえ、そうではありません!ではどのような手続きが必要か、どれくらいの日程が必要か解説します。
2018年2月24日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
九州超える面積の所有者不明土地、利用権設定で活用の起爆剤になるか
所有者が分からない、「所有者不明土地」が土地活用にあたって壁になっています。その土地の広さは九州を超える面積という調査結果もあり、その問題点と新しい制度の内容を解説します。

テーマ