JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

学校での教師による「子どもへのスクールセクハラ」。求められる対応は?

2018年3月7日

解決!アスクミー JIJICO

顕在化する教師から生徒への「スクールセクハラ」

学校で自分を護ってくれるはずの先生から性的な被害を受ける生徒がいる。信じたくない話ですが、こういったスクールセクハラが今問題となっています。

文部科学省の発表によると、2016年度わいせつ行為で処分を受けた教職員の数は226名。「体を触る」「性交」「盗撮・のぞき」等の行為によって多くの子ども達が傷ついてきました。

このようなスクールセクハラが明るみになってきたのは最近の事ですが、被害は昔から存在し、被害者が声をあげなかったり隠ぺい工作によって表にでなかっただけという部分もあります。

子どもが被害に遭っているかも?SOSを見逃さないために

また、子どもは親に心配をかけまいという思う事があり、被害にあっても、表面化されにくいという面あります。このような要素も含めて、親や家族はどういった関わりが大切になってくるのか。ここでは2つとりあげたいと思います。

1つは子どものSOSを見逃さない事です。

例えば、「元気がない」「妙に明るい」「口数が減った・増えた」「体重の増減」「体調不良を訴える」等、日常生活でのちょっとした変化を見逃さない事が大切です。これはスクールセクハラのみならず、いじめや不登校など、子どもが抱える問題全般に言える事です

そして、子どもが事実を語ってくれた時には否定的な態度をとるのではなく、「よく話してくれたね」や「お父さんやお母さんはあなたの味方だよ」というメッセージを伝える事も重要です。

そのためには、親を頼ってもいいという思いが子どもの中にある事も大切です。何かあった時だけ親に言ってくれるほど、現実は甘くありません。親を頼ってもいいと言う安心感を、小さい時から感じ取ってもらう関わりが大切です。

スクールセクハラを許さない風潮を学校で作っていく

2つ目には、スクールセクハラは許されないという風潮を学校の中で作っていく事です。例えば、PTA等でこれらの問題をとりあげ、教職員と保護者で意見交換や勉強の場を持つ事も一つの方法です。

教職員や保護者の知識や意識が高まる事によって、周囲からの目がより厳しくなり、未然に防いだり早期対応の可能性が高まってきます。

一方で、スクールセクハラが明るみになった時、学校に声をあげれば確実に解決をするというものでもありません。不適切な対応や隠ぺい工作等によって、傷ついたケースも少なからずあります。

そのような場合は、教育委員会、学校運営協議会、児童相談所等、他の場所にSOSを出す事も一つの方法です。

問題のある教職員を処分する事がゴールではない

この際注意すべき点は、わいせつ行為をした教職員を処分する事が最終ゴールではないという事です。加害者を罰する事は必要な事かもしれませんが、罰したからといって子どもの傷が癒えるわけではありません。

子どもが抱えた心の傷を長期に渡ってサポートしていく。同じような事が繰り返されないようにしていく。このような取り組みが欠かせない要素かと思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ