JIJICO

自念 真千子さん

産業カウンセラー

結婚しないと割り切っている未婚の人は意外と多くない?求められる「自然な出会い」

2018年3月23日

解決!アスクミー JIJICO

東京フォーラムで結婚に関するディスカッションが行われた

2018年2月20日に東京フォーラムが開催されました。フォーラムの主旨は、「未婚率の高まりなどを受け、結婚に向けた課題について議論しましょう」というもの。

小池知事の旗振りの元、コーディネーター関根勤(タレント)本田朋子(フリーアナウンサー)コメンテーターとして、石坂茂氏(株式会社IBJ代表取締役社長)や「婚活」という言葉を生み出した山田昌弘氏(中央大学文学部教授)も参加してのディスカッション。

関根勤さんは、娘でタレントの関根麻里さんが韓国の歌手・Kと結婚して好感度タレントとしても有名ですが、彼は、高校時代からすでに結婚相手を探していて、今の奥様と出会ってからは「逃げられないように努力していた」とか。

その「積極性」が今の幸せのスタートだとすると、積極的に行動することの大切さを述べています。

また、女性が子育てしやすい環境作りの必要性や山田昌弘氏の唱える「結婚に対する経済的な不安は、大きく特に子育への経済的な支援は結婚にもつながる」という意見も、最近の男性の年収の上がり幅の少なさを考えると将来のことを考えて結婚に踏み切れない若者を散見している身としては納得です。

あらためて未婚率のデータを読み解く。新しい動きもある?

現在、生涯未婚率は、2015年の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%です。単純に考えると男性は10人中2人、女性は1~2人未婚です。これが2010年調査と比べても男性は約3.2ポイント、女性は約3.5ポイント上昇です。

※未婚率とは「45~49歳」と「50~54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したもの
参照:公益財団法人 生命保険文化センター

しかし、一概に世の中の流れが未婚へと流れている訳ではないようです。年代別未婚推移表(別添参照)をみると、ところが2010年の新しい動きとしては、20代後半や30代前半の未婚率の上昇幅が、男女ともに、大きく縮小しています。

2015年には男女とも20代後半で、やや未婚率が上昇していますが、30代前半では男では低下へと至っています。これをみていると近い将来、未婚率の上昇が反転するのでは、という淡い期待も婚活サポートをしている身としては考えたくなります。

結婚年齢こそ上昇はしていますが、その結婚適齢期になれば多くの人は「結婚」というものに気持ちが動くのではないでしょうか。

婚活の催しは引き続き盛況で潜在的な「結婚希望」は多いのでは

各地で行われている婚活パーティーやアプリ婚活は盛況です。実際には、未婚率低下という数値に現れている以上に結婚を希望している人達は多くいるのであろうと考えています。

ただ、「自然な出会い」を希望する人が多くいる中では、実際には、男女が普通に出会うという場が極端に少なくなり、安心して婚活ができないのではないでしょうか。

女性は適齢期を過ぎ仕事に打ち込む選択し、恋愛に不慣れな人は恋愛に傷つき自信を失い、独身を選択しているという結果になっているのかもしれません。

昔は、適齢期になれば近所の仲人が、身上書と写真を持って走り回り、そして、日本人特有の消極的な気質でなかなか出会いから交際、結婚へと進みづらい二人の背中を押すことで結婚をしたご夫婦は、実はたくさんいらっしゃいます。

このようなに考えると、男女が出会う場の提供が今のように画一的ではなく、結婚を考える「その人に合ったサービス」を選択できるようになれば、「自然な出会い」が増えていくのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

自念 真千子さん
産業カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ