JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

気になる職場での「音」ハラスメント。自覚を持つことが改善への第一歩!

2018年3月24日

解決!アスクミー JIJICO
隣の人の声が大きすぎて、対応中の電話が聞き取れない。パソコンのキーボードを力いっぱい叩く音が気になって、仕事に集中できない。引き出しを閉める音や書類をまとめる音など何かにつけ動作音が大きく、その度にイライラする。このような経験はありませんか?これらすべて、職場での「音」ハラスメントの例です。

職場で周りの「音」が気になった経験があるのは55.5%

マイナビニュースの調査によると、「職場で周りの人の音が気になったことがあるか?」という質問に対して、「ある」と答えた人は55.5%でした。冒頭に述べた音に加え、他には舌打ちやため息、鼻をすするなどの体の音、ボールペンをカチカチする音、乱暴な音、話し声や笑い声などが挙げられています。

「音」ハラスメント、音に無頓着な本人は気付いていないかも

さてここで注目すべきは、今挙げた音はすべて本人に「悪気はない」ということです。つまり音の張本人は、たいていの場合、自分の音が周囲にとって迷惑であることに恐らくは気付いていません。

電車でイヤホンから音漏れしていても平気な人や携帯で話す声が必要以上に大きい人を見かけることがありますが、このように普段の生活でも音に対して無頓着なタイプの人が無自覚にやってしまうのが「音」ハラスメントです。

問題は、プライベートな空間で「音」をまき散らしているのとはワケが違うということです。職場は、仕事をする場です。そこで共に働く人々への配慮があってしかるべきです。そこに気が付かないのは、社会的に未熟であると言わざるを得ません。

「音」もひとつのマナー。「音」を立てずにいることはできないのですから、せめて常識的な「音」の大きさでいること。周囲が気持ちよく仕事を進められるよう、不快な「音」は控えること。これらの努力が必要です。

自分が出す音の大きさを自覚することが改善への第一歩

ただし、この場合本人は意識してやっているわけではないケースがほとんどですので、上司や先輩がきちんと教えてあげるのが良いでしょう。もしかするとこれまでに誰からも、「音」が大きいと注意してもらえなかったのかもしれません。

まずは自分が出す「音」の大きさを自覚してもらいましょう。自覚が改善の第一歩です。逆に「音」で思い当たることがある人は、普段一緒に仕事をする人達に自分のたてる「音」が迷惑をかけていないかきいてみることも大事です。

マナーは思いやり。ハラスメントと指摘する時は同時にマナーを振り返って

精神的な苦痛を与えることを指す「ハラスメント」。この言葉が最初に注目されたのは、1980年代後半の「セクシャルハラスメント」でした。元々は、職場で力を持つ人による「弱いものいじめ」といった意味のハラスメントが、今では様々な局面で様々な形態のハラスメントが存在、その数は30種類を超えるとも言われます。

なんでもかんでもハラスメントと騒ぎたてる風潮はいかがなものかと思いますが、その為に仕事に集中できず「働きづらい」と感じるなら、何らかの改善策を考えるのは当然です。

それと同時に考えたいのは、自分も誰かに対してのハラスメントになっていないかどうか。スムーズに仕事が進むよう、相手を敬い気遣うのがビジネスマナーです。つまりマナーは思いやりです。ハラスメントを考える時、それは自身のマナーを振り返る良い機会なのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。
2019年7月13日 田村 兼人さん
獣医師
ペットに健康で長生きしてもらうために心掛けること
栄養環境、生活環境、医療環境などの向上によりペットの平均寿命は延び続けています。高齢化するペットがより健康に長生きするために、私たちはどのようなことに心がければ良いか。獣医師が解説します。
2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。

テーマ