JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

気になる職場での「音」ハラスメント。自覚を持つことが改善への第一歩!

2018年3月24日

解決!アスクミー JIJICO
隣の人の声が大きすぎて、対応中の電話が聞き取れない。パソコンのキーボードを力いっぱい叩く音が気になって、仕事に集中できない。引き出しを閉める音や書類をまとめる音など何かにつけ動作音が大きく、その度にイライラする。このような経験はありませんか?これらすべて、職場での「音」ハラスメントの例です。

職場で周りの「音」が気になった経験があるのは55.5%

マイナビニュースの調査によると、「職場で周りの人の音が気になったことがあるか?」という質問に対して、「ある」と答えた人は55.5%でした。冒頭に述べた音に加え、他には舌打ちやため息、鼻をすするなどの体の音、ボールペンをカチカチする音、乱暴な音、話し声や笑い声などが挙げられています。

「音」ハラスメント、音に無頓着な本人は気付いていないかも

さてここで注目すべきは、今挙げた音はすべて本人に「悪気はない」ということです。つまり音の張本人は、たいていの場合、自分の音が周囲にとって迷惑であることに恐らくは気付いていません。

電車でイヤホンから音漏れしていても平気な人や携帯で話す声が必要以上に大きい人を見かけることがありますが、このように普段の生活でも音に対して無頓着なタイプの人が無自覚にやってしまうのが「音」ハラスメントです。

問題は、プライベートな空間で「音」をまき散らしているのとはワケが違うということです。職場は、仕事をする場です。そこで共に働く人々への配慮があってしかるべきです。そこに気が付かないのは、社会的に未熟であると言わざるを得ません。

「音」もひとつのマナー。「音」を立てずにいることはできないのですから、せめて常識的な「音」の大きさでいること。周囲が気持ちよく仕事を進められるよう、不快な「音」は控えること。これらの努力が必要です。

自分が出す音の大きさを自覚することが改善への第一歩

ただし、この場合本人は意識してやっているわけではないケースがほとんどですので、上司や先輩がきちんと教えてあげるのが良いでしょう。もしかするとこれまでに誰からも、「音」が大きいと注意してもらえなかったのかもしれません。

まずは自分が出す「音」の大きさを自覚してもらいましょう。自覚が改善の第一歩です。逆に「音」で思い当たることがある人は、普段一緒に仕事をする人達に自分のたてる「音」が迷惑をかけていないかきいてみることも大事です。

マナーは思いやり。ハラスメントと指摘する時は同時にマナーを振り返って

精神的な苦痛を与えることを指す「ハラスメント」。この言葉が最初に注目されたのは、1980年代後半の「セクシャルハラスメント」でした。元々は、職場で力を持つ人による「弱いものいじめ」といった意味のハラスメントが、今では様々な局面で様々な形態のハラスメントが存在、その数は30種類を超えるとも言われます。

なんでもかんでもハラスメントと騒ぎたてる風潮はいかがなものかと思いますが、その為に仕事に集中できず「働きづらい」と感じるなら、何らかの改善策を考えるのは当然です。

それと同時に考えたいのは、自分も誰かに対してのハラスメントになっていないかどうか。スムーズに仕事が進むよう、相手を敬い気遣うのがビジネスマナーです。つまりマナーは思いやりです。ハラスメントを考える時、それは自身のマナーを振り返る良い機会なのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年5月19日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の衣替え・収納のその前に!使わなくなった寝具のケア
全国的に暖かくなり冬物寝具から夏用へ替えられる方も多い頃かと思います。使わなくなった冬物寝具などはどのようなケアなどをして収納するのがよいのか?についてお伝えいたします。
2018年5月18日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
不登校の我が子に親ができることとは?子どもの力を信じて
不登校の子供に学校復帰を促すべきか、それとも多様な生き方を認めるべきか、は悩ましい問題。まず親自身が「自分に納得できる生き方」を探し続ける姿をモデルとして示しつつ、我が子の力を信じ続けることが大切。
2018年5月16日 永田 之子さん
マナー・コミュニケーション講師
解決!アスクミー JIJICO
気になる会社のスメハラ(臭いの公害)。上手な伝え方は
パワハラ、セクハラと同様にスメハラが問題になっている。今回は相手を怒らせずにそれを伝える方法を伝授する
2018年5月16日 明石 久美さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
遺品整理でうっかりやってしまいがちなNG行為、ここに注意
故人の遺品を整理していく際に、うっかりやってしまいがちなNG行為はどのようなものか。それだけではなく、遺品整理業者に依頼するタイミングや、業者を選ぶ際の注意点についても知っておきましょう。

テーマ