JIJICO

田中 正徳さん

次世代教育プランナー

中学生の「国語」「数学」「英語」は好きも嫌いも紙一重

2018年4月18日

解決!アスクミー JIJICO

好かれもするし嫌われもする「数学」「英語」「国語」の3科目

学研の中学生白書Web版「中学生の日常生活・学習に関する調査」(各学年男女100人ずつ計600人対象、保護者付き添いのもと回答)の結果が3月末に発表されました。好きな教科の上位3つは「数学」「英語」「国語」そして、嫌いな教科の上位3つが「数学」「国語」「英語」でした。どちらとも同じ3科目がランキングしていました。

また、『勉強でわからないときどうしているのか』については「学校や塾の先生に聞く」が63.5%で最多となりました。さらに、「保護者に聞く」が49.5%、「友達に聞く」が27.3%と続いています。逆にわからないことを「放置」「特別何もしない」は全体で7.7%となっており、その中でも中2男子は18%とかなり高くなっています。この中2男子の数値は、中2女子4%の4.5倍とかなり開きのある結果です。

最初からひとつひとつ理解して積み上げていくので基礎が重要

勉強がわからないときのコミュニケーションの相手は、中2を境に変化しています。女子は中1と比べ「先生に聞く」が増加しているものの、男子は「保護者に聞く」「友達に聞く」ともに大きく減少しているのです。思春期ゆえの恥ずかしさが勝ってしまうのもわかる気がします。

「英語」も「数学」も最初からひとつひとつ理解して、積み上げていかなければなりません。そのひとつひとつがしっかりしていることで、わからないところが「わかる」に変わるのです。一度そのリズムが出来てしまえば、『好き』まっしぐらになりやすいとも言えますが、同様にその逆も言えるのです。いかにひとつひとつの基礎を大切に消化できるかにかかっているのです。

例えば、「英語」で『三単現のs』は一見簡単なように思えますが、一度こういった文法でつまずいて嫌になってしまうと、そのまま誰に聞くこともなく学ぶモチベーションも下がり、ずるずると置いてきぼりになってしまうことは少なからずあるはずです。

つまずきそうなときにしっかりと聞いて理解できる環境、積極性はこういった科目を嫌いにならないために非常に重要です。

「わかるの3大法則」をしっかり守って学力の基礎ができる

ちょっとしたことがきっかけで『嫌い』は『好き』になるのです。一つ『好き』になることで他の科目も『好き』になることはよくあります。特に「英語」「数学」「国語」は共通点も多く、オセロのようにおもしろいように様変わりしていく中学生を何十年と見てきました。

筋道を立てて思考する論理的思考力や暗記力が養われることで、この3つの科目の勘どころが身につくのです。例えば「英語」で単語を学べば「暗記力」がつく。「数学」では計算力と思考力。「国語」で読解力と漢字力が身につきます。

基礎学力の積み上げにとって最も簡単で、かつシンプルな理論があります。

  • わかるところから始める
  • わかるまで先に進まない
  • わかるまで繰り返す

これを「わかるの3大法則」と言います。

当たり前のことなのですが、この法則をしっかり守って学ぶことで、学力の基礎が身に付いてきます。ただ、中学生の年頃は周りを気にし過ぎたり、ちょっとしたことで取り残されることが誰にだって起こり得ます。画一的な横並びの集団教育には限界があります。

もちろん学校で、きめ細かな配慮を行い、それぞれのペースで学べるのは理想的ですが、本人の努力だけではどうしようもないことも多いはずです。

そこで最近のITを駆使した教材をおすすめします。楽しく学べるゲーミフィケーションを取り入れた「自立型学習教材」を取り入れることは、子供たちにとっても受け入れやすく、長続きのするマイペース学習ではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田中 正徳さん
次世代教育プランナー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。
2018年10月6日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
いろんな人と「仲良くなる」にはどうしたらよい?心を開く話し方・聞き方について
私たちが生活し、人と人との間で生きる限り、避けられないのは人間関係の問題と、「コミュニケーション」という能力についてです。よりよいコミュニケーションは、何を意識すればよいのでしょう?

テーマ