JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

世界的に増加傾向のキャッシュレス決済 日本での普及に向けた課題は

2018年4月23日

解決!アスクミー JIJICO

イオンとVISAの連携でキャッシュレス決済の進行が期待される

流通大手のイオンは国内の総合スーパーやドラッグストアなどでVISAのタッチ決済端末を導入することを発表しました。2020年までに国内グループの約10万台のレジで専用端末にかざすだけで支払いできるようになります。店員にカードを渡さないため、カード情報が盗まれる危険も低くなります。

日本では物品の購入やサービスを利用する際に現金を使うことが主流であり、クレジットカードや電子マネーなどで支払うキャッシュレス決済の利用がなかなか広がりません。経済産業省の調査によると、日本ではキャッシュレス決済の比率が2割にも満たない一方で、欧米などの主要国のほとんどでは5割を超えており、中国では約6割、韓国では約9割という結果が発表されています。

日本でキャッシュレス決済がなかなか進まなかった理由とは

キャッシュレス決済は新しいものではなく、従来からクレジットカードによる決済方式は存在していました。それでもキャッシュレス決済を利用しない理由としてよく言われるのは、「あえて利用する機会や必要がないから」という意見です。この理由には、多額の現金を持ち歩いても街中で奪われるリスクが低いという日本の治安の良さが背景にあります。

また、日本の紙幣の印刷技術は高度で偽造しにくいため、現金に対する信認が高いことも影響しています。また、「現金以外で支払うことに不安」と考える方も多いようです。これは、匿名性の高い現金決済に比べ、キャッシュレス決済による購買履歴等の個人情報漏えいを懸念する意識があるようです。キャッシュレス決済だと実際の支払額が把握できず、「使いすぎてしまう」ことを気にするという意見も見られます。

「観光立国」の実現にはキャッシュレス決済のインフラ整備が必要

しかし、訪日外国人は増加する一方であり、東京オリンピックが開催される2020年には4000万人を超えるという試算もあります。中には、そのまま日本に居住しようと考える外国人もいるでしょう。

前述の通り、主要国におけるキャッシュレス決済の割合が5割以上ということは、訪日外国人の5割以上が日常キャッシュレス決済を行っていると考えられます。こうした外国人に対して、キャッシュレス決済を行える環境を整備することが、観光立国を目指す日本にとって急務であると考えます。

海外ではキャッシュレス決済を普及させるために様々な施策を行っており、中には少々強引な例もあります。例えば、インドでは高額紙幣を廃止しました。スウェーデンでは法的に店頭での現金取引を拒否できます。韓国ではキャッシュレス決済の一部を所得控除しています。このくらいの思い切った施策を行わないと、国内でのキャッシュレス決済の普及は難しいかもしれません。

キャッシュレス決済におけるセキュリティの懸念が課題か

キャッシュレス決済とは、言い換えればITを活用した決済です。ITが関わると、どうしてもセキュリティリスクを懸念してしまいます。日本におけるキャッシュレス決済の課題は、決済インフラの普及が十分でないことと同時に、既存の決済インフラの老朽化にあります。

クレジットカードのスキミングによる被害は従来の磁気カードからICカードに変更することで防止できますが、日本ではカード、端末共にIC化が遅れています。また、カード情報が漏れないよう店舗等でカード情報を電磁的に送受信しない仕組みへの対応も考えられています。しかし、こうした施策は店舗からすれば決済端末の入れ替えコストが発生する等の弊害があるため、何らかの支援を行って普及を促進する必要があると考えます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ