JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

これからのPTAのあり方とは?組織の目的を見失わない活動が期待される

2018年4月23日

解決!アスクミー JIJICO

PTAでのトラブルがニュースになっている

私達にとって当たり前のように存在したPTA。今、このPTAへの対応で保護者が困惑しているケースがあります。任意加入の為、入会しない人がいる。非加入の子どもにはPTAから卒業式でコサージュが贈られなかった。子どもが卒業するまでに1度は役員になる事が暗黙の了解で義務付けられている。非協力的な家庭は村八分にあう。その他にも平日の昼間に行なわれる会議や非効率的な作業に困惑している保護者もいます。このような問題を抱える中、PTAはどのようなあり方が望まれるのでしょうか。

PTAの目的は「児童生徒の福祉を実現する」事にある

それを解決するヒントの1つが「PTAの目的」にあると私は考えます。そもそもPTAは何のために存在をするのか。学校によって違いはあるでしょうが、一言でいうと児童生徒の福祉の為ではないでしょうか。(もちろん、会員相互の親睦を深める事等も目的ですが、それらは児童生徒の福祉を実現するための補足的要素かと思います)。

加入が強制か任意か。あるいは会員が協力的か非協力的かはさておき、組織としての目的は児童生徒の福祉という点をまずは認識する事が大切です。

相次ぐ非加入トラブルや参加ノルマは「大人の事情」にすぎないのでは

一方、最近のトラブルを見てみると卒業までに1度は役員をする事。学校行事に3回以上は参加等のノルマを達成する事。また、ノルマを達成しなかったらペナルティを与える等、大人の事情を貫く事が目的になっていないでしょうか。

運動会での手伝いや卒業生へのプレゼント等は、児童の福祉を実現するためのツールの1つであって、その事自体が目的ではないはずです。仮に保護者が学校行事に3回以上参加等のノルマを達成したとしても、児童生徒自身の福祉に結びつかなかったのであれば、組織としての目的を達成した事になりません。

イベント参加や手伝いなどの「手段」が目的化しているのは問題

児童生徒の福祉につながる事とは一体何なのか。もちろんその答えは明確ではありません。その中で、運動会の手伝いが本当に児童の福祉に結びついているのか、その検証がなされず、手伝う事が目的化しているのも少なからず現実です。任意団体であったとしてもPTAは組織です。組織である以上目的があり、目的に沿った活動をするのが大前提です。

PTAのあり方が複雑化されている今だからこそ、「PTAの目的」という基本に立ち返り、子どもの福祉につながる活動とは何かを再考し、実践していく事が大切かと思います。その結果、取りやめになる行事等があるかもしれません。しかし、無駄だからといって取りやめになる行事と、児童の福祉につながらない為に取りやめる行事とは違います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。

テーマ