JIJICO

川村 美星さん

産後ケアリスト

産後うつからママを救ってあげて!家事支援や傾聴が重要

2018年5月10日

解決!アスクミー JIJICO

増える産後うつ…産後2週間が心身の疲労ピーク

ベビーの誕生、新しい家族が増えることはとても幸せなこと、と考えるのが一般的でしょう。でもその幸せを享受できないママたちも残念ながらいらっしゃるのです。実は、妊産婦の自殺件数は分娩による死亡率の約2倍になり、妊娠出産期の死因として自殺が最も多いという報告はショッキングな事実です。( 東京23区における順天堂大 竹田省教授の調査による) 自殺まで行かなくても年々産後うつが増え、それが幼児虐待の増加に繋がっているとも言われています。

どうしてこのような事態になるのか・・・それは分娩後の急激なホルモン変化に伴って心身の不調をきたしたり、それに加えて慣れない育児のストレス、夜泣きによる睡眠不足や上の子供さんがいる方はそのお世話などでママの身体は疲労がたまるばかりです。また訳もなく涙が出たりイライラするのもホルモンの影響で決してママのわがままではありません。

それを家族にぶつけてケンカになり、その後自己嫌悪に陥る、と言った負のスパイラルに巻き込まれ産後うつの発症に繋がって行くのです。調査によると産後の心身の疲労のピークは産後2週間と言われています。

助言・アドバイスよりも家事の支援やママの気持ちに「耳を傾けること」が大切

そういう時に少しでも誰かが話を聞いてあげたらそれだけで随分とママの気持ちは落ち着きます。アドバイスするよりむしろ傾聴の方が心は安らぎます。加えて家事の支援も身体を休めることになります。

大家族の時代は結果的に自然な産後ケアがなされていた

昔は『産後の床上げ21日』と言ってその間はお布団も敷きっぱなし、そして大家族だったので家事も誰かに任せられて産婦は赤ちゃんの世話だけに専念できていたのです。思えばそれが自然な産後ケアになっていたのですね。

核家族だったとしても「産後ケアが大事」という意識を家族に共有してもらおう

でも最近は核家族化が進み、思うような支援が受けられないのが実情ですが、でも産後ケアがとても重要である、という意識を周りの家族に持ってもらえるだけでも大きく違うと思います。(ただし、夫からの「手伝おうか」は禁句です。育児はあくまで夫婦同等ですから。)

家族からのケアが難しそうなら一人で悩まないで外部サービスの活用や相談を

これまで述べたように家族による産後ケアが理想ですが、もしどうしてもそれが望めない状況なら一人で耐えていないで周りに相談してください。出産された病院でも相談にのってくれますし、また最近は地域の行政も産後ケアに注目しており家事代行サービスやシッター派遣などを紹介してくれます。自治体によっては産後入院の助成金制度もあります。それらを利用するのもオススメです。

少しずつでも家族や社会が産後ママに優しく寄り添っていけば産後うつや子どもへの虐待も減少していくのではないでしょうか?

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

川村 美星さん
産後ケアリスト

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年7月16日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか
介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。
2018年7月14日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
解決!アスクミー JIJICO
夏の災害備蓄!飲み水30L+栄養補給(ゼリー飲料)で猛暑の断水対策を
夏の災害時、熱中症を防ぐにも、自宅の備蓄水を充分に!そして、 暑さをしのぐ防災食に欠かせないのが「ゼリー飲料」。手軽なうえ、おいしく、エネルギー補給はおにぎり1 個分!冷蔵+冷凍庫に備蓄をおすすめします。
2018年7月12日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の入れ替えをするときに「圧縮保存袋」は大丈夫?おすすめの収納方法は
布団、特に羽毛布団はかさばりますよね。収納スペースの関係で圧縮袋を使いたいけど、布団は問題ないの?とよくご質問を受けますので、おすすめの収納方法とあわせて解説いたします。
2018年7月11日 山下 幸子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
震災に備え「地震保険」に入るべきか 仕組みや検討すべきポイントを解説
地震が多い日本の特質や今後の大震災の可能性を考慮すると「地震保険」に入るべきであると考えます。地震保険の加入にあたって検討すべきポイント、仕組みや保険料、補償額について解説します。

テーマ