JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

子どものおもちゃが片付かない!片付けられる子に育てる5つのポイント

2018年5月15日

解決!アスクミー JIJICO

おもちゃを広げている子どもは「散らかしている」わけではない

子どもは遊びの天才!色とりどりのおもちゃをたくさん広げて遊んでいますよね。お母さんにとっては、「あ~さっき片づけたばかりなのに!」とガッカリすることもあります。でも、子ども達は、ただ遊んでいるだけではないのです。

植草学園大学発達教育学部の小川晶准教授は“子どもにとっての『学び』とは『遊び』であり、それは『観察』『研究』『実験』ですので、『散らかしている』わけではありません。”と話しています。
(出典:ウーマンエキサイト:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Mamatenna_94712/

そう考えると、「おもちゃを散らかす事」も成長には欠かせない大切な行動と言うことです。そして、「片づけできる子どもは、自己管理のできる大人に成長する」と言われていますので、使った物を元に戻す「片づけ」も実は、子どもの成長に大切な行動なんです。

子どもが片付けを身に付ける5つのポイント解説

そこで、「片づけ」できる子どもにするための5つポイントをご紹介しましょう。

1:5分間のお片づけタイム

お風呂や夕食前に、お片づけタイムを作りましょう。時間は5分間。歌をうたったりしながら楽しい雰囲気でやりましょう。

2:遊び・ゲーム感覚で片づけ

子どもは、ゲーム感覚や遊び感覚での「片づけ」なら、喜んで片づけてくれますよ。

年齢別お片づけでは、

2~3歳児

お片づけタイムに、収納カゴにおもちゃをポン!「お母さんや兄弟と競争」って言うと、遊びの延長線上で、お片づけができます。

4~6歳児

幼稚園などで集団生活を経験する時期でもあります。お手伝いが大好きなので、お片づけのお手伝いをお願いしましょう。

小学校低学年

自分の荷物を置くスペースを決めてあげて、おもちゃや遊び道具はそこにしまうルールを子どもと一緒につくりましょう。

3:収納グッズで簡単片づけ

子どものおもちゃは、小さくて細かい物が多いです。ポンと放り込める、大きめのカゴでザックリ収納しましょう。それから、紐をサッと引くだけで、散らかったおもちゃを一瞬で片付けられる「おもちゃ収納袋」もあります。これなら、小さな子どもも簡単に片づけができますね。

絵本もどこのご家庭にもたくさんあります。絵本をしまう場所を作って、読んだらしまう場所に片づけるようにしましょう。

4:片付けができたら子どもをほめる

お片づけができた時は、「よくできたね」「上手にできたね」とほめてあげます。大好きな親から認められた事。ほめられた事は、成長過程でとても大切な経験になります。ちゃんとできなくても大いにほめてあげてください。ガミガミ「片づけて!」と言われ続けると片づけの嫌いな子どもになってしまいます。片づけに完璧を求めない!これが重要です。

5:根気強く片づけを習慣化できるようにする

子どもの頃のお片づけは、躾のひとつと考えてください。おおらかに、そして根気強く積み重ねていくことが、習慣化につながります。お母さんが、片づけ苦手な場合は、お子さんと一緒に片づけタイムでお片づけをしましょう。親子で楽しみながら、小さい場所から少しずつ片づけるのが習慣化の第一歩です。

まとめ

子どもは、おもちゃを散らかしながら学んでいます。おもちゃをザックリ放り込む収納で、片づけストレスから解放されて、楽しくお片づけタイムが続けられますよ。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年5月19日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の衣替え・収納のその前に!使わなくなった寝具のケア
全国的に暖かくなり冬物寝具から夏用へ替えられる方も多い頃かと思います。使わなくなった冬物寝具などはどのようなケアなどをして収納するのがよいのか?についてお伝えいたします。
2018年5月18日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
不登校の我が子に親ができることとは?子どもの力を信じて
不登校の子供に学校復帰を促すべきか、それとも多様な生き方を認めるべきか、は悩ましい問題。まず親自身が「自分に納得できる生き方」を探し続ける姿をモデルとして示しつつ、我が子の力を信じ続けることが大切。
2018年5月16日 永田 之子さん
マナー・コミュニケーション講師
解決!アスクミー JIJICO
気になる会社のスメハラ(臭いの公害)。上手な伝え方は
パワハラ、セクハラと同様にスメハラが問題になっている。今回は相手を怒らせずにそれを伝える方法を伝授する
2018年5月16日 明石 久美さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
遺品整理でうっかりやってしまいがちなNG行為、ここに注意
故人の遺品を整理していく際に、うっかりやってしまいがちなNG行為はどのようなものか。それだけではなく、遺品整理業者に依頼するタイミングや、業者を選ぶ際の注意点についても知っておきましょう。

テーマ