JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

正社員と契約社員の待遇差「不合理」判決、判断のポイントは

2018年6月9日

解決!アスクミー JIJICO

正社員と契約社員の待遇差が争点となった2つの裁判

正社員と契約社員の待遇差の合理性を争点とした2つの事件について、本年6月1日、最高裁による判断が示されました。

参照:裁判所ホームページ
未払賃金等支払請求事件(http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87784
地位確認等請求事件(http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87785

労働契約法20条は、「有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を勘案して、不合理と認められるものであってはならない。」と定めています。第1の事件は正社員と契約社員の待遇差が、第2の事件は正社員と定年退職後に再雇用された嘱託社員の待遇差がこの条文を巡って争いになりました。

まず、この規定により不合理とされた労働条件が無効となった場合、適用されるべき労働条件はどうなるのかについては、条文上に明示されていませんので、どのように解釈すべきかが問題となってきました。

待遇差は賃金ではなく損害賠償の性質として判断

この点、最高裁は、第1の事件において、同法20条により待遇差が不合理であると認められる場合でも、不利益を受けている契約社員の労働条件が正社員の労働条件と同一になるものものではないと解した上で、正社員との差額分をいわゆる賃金請求権としては認めずに、損害賠償請求権として認めました(ただし、この点については、異論もあろうかと思います。なぜなら、差額分を契約社員に生じた損害として認めるということは、そもそも正社員と労働条件が同一であることが前提となっているのではないかとも考えられるからです。)。

待遇差が生じている手当の趣旨について個別判断

次に、最高裁は、第2の事件において、「有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるか否かを判断するに当たっては、両者の賃金の総額を比較することのみによるのではなく、当該賃金項目の趣旨を個別に考慮すべきものと解するのが相当である。」として、待遇差が生じている手当ての趣旨を個別に分析して判断する必要があるとの枠組みを示しました。

労働契約法20条は、平成24年の改正法で追加された条項であり、厚生労働省労働基準局長が発した改正時の施行通達においても、「有期労働契約者については、期間の定めのない労働契約を締結している労働者と比較して、雇止めの不安があることによって合理的な労働条件の決定が行われにくいことや、処遇に対する不満が多く指摘されていることを踏まえ、有期労働契約の労働条件を設定する際のルールを法律上明確化する必要がある。」との立法趣旨が説明されておりますので、最高裁はこの趣旨を十分に汲み取った判断したのではないかと思われます。

なお、いずれの事件についても、裁判官全員一致の意見とされていて、補足意見もないようです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ