JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

子どもの学力向上と家の間取りの関係 本当に大事なのは

2018年6月23日

解決!アスクミー JIJICO

子どもの「リビング学習」が盛んに聞かれるようになった

子どもの学力向上。いつの時代も子どもの学力向上については様々な議論がなされ、時にはメディアを通して世に広まったりしてきました。そのような中、最近では家の間取りが子どもの学力向上に影響を与えると言われ、リビングやダイニングで勉強をさせるというスタイルが流行っているようです。

東大生の大半は子どもの頃、学習場所がリビングだったという調査結果もあるようですが、実際に家の間取りと子どもの学力向上に関連性はあるのでしょうか。

間取りが子どもの学力やコミュニケーションに影響を与える

確かに、家の間取りが子どもの学力向上に関与している部分はあります。例えば、冒頭で述べたリビングですが、ここでの学習は「わからない問題はすぐに聞くことができる」といった効率性と、「親に見守られている」という安心感が意欲や集中力を高める面があります。さらに、兄弟でリビング学習をすれば、下の子は自分の学年よりも先の学習内容を知って、興味をわく事もあります。

また、子どもが自室に入る前に必ずリビングを通る間取り(いわゆるリビングアクセス)は、自然と家族の会話が持てるようになり、親子のコミュニケーションを取る機会も増えるでしょう。こういった側面を見ていくと、家の間取りと子どもの学力は決して無関係ではないと言えるでしょう

重要なのは子どもが安心できる居心地の良い家であること

しかし、どれだけ間取りが理想通りであっても、子どもが家庭に居心地の良さを感じていなければ、学力効果が見られない事もあります。

そもそも、家庭は子どもにとって安心・安全であることが重要です。辛いことや悲しい事があっても、安心・安全を実感できる家庭環境が子どもに学習意欲を促すのであって、リビング学習やリビングアクセスといった環境を準備したら、必ず学力が上がるというのは、あまりにも表層的な見解です。

リビングは、親子でコミュニケーションをとる場所のひとつで、子どもに安心と安全を提供するきっかけのひとつです。

子どもが一人で過ごせる場所をつくることも大切

また、家の間取りに関わらず、子どもがクールダウンをする場所や時間があることも大切です。時には子どもが部屋で1人で過ごす事も大切ですし、子ども部屋がない場合は、1人でお風呂に入るなど、1人の時間を提供することも大切です。こういったメリハリがとれる環境も、安心と安全を感じ、学習意欲を高めます。

気をつけなければならないのは、リビングで子どもを監視することが目的になってしまうとです。連絡帳や明日の用意、学校の様子から友達関係まで事細かに管理し、二言目には「勉強しなさい」というコミュニケーションでは、子どもは家庭で安心と安全を実感できず、学習意欲が削がれることがあります。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「学び・興味」のその他の記事

2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。
2018年9月28日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
解決!アスクミー JIJICO
子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?
スマホの普及に伴い、既に依存傾向の子どもが93万人もいるというデータもあります。依存を防ぎ、安心・安全に利用するために、親はどうすればよいでしょうか。
2018年9月8日 古賀 竜一さん
コンピューターサポートエンジニア
解決!アスクミー JIJICO
Google・Amazon・LINE…スマートスピーカーの選び方と”使える”デバイスとしての利用法
スマートスピーカー選びで失敗しない考え方、ユーザーが有効に利用するための機種選定方法を解説。適正な機種選定で利用価値や費用対効果は大きく高まる。
2018年9月4日 栢原 義則さん
進学塾塾長
解決!アスクミー JIJICO
大阪市の学力テスト最下位 成績UPに教員の査定反映は意味があるのか?
教員の査定に学力テストの結果を反映させるという方法は、学力を向上させる効果があるのでしょうか。はたして大阪市の学力低迷の原因は教える側の意識改革だけで解決できるものでしょうか。教育現場の実情は教える側だけの努力で改善できるのでしょうか。

テーマ