JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

子どもの学力向上と家の間取りの関係 本当に大事なのは

2018年6月23日

解決!アスクミー JIJICO

子どもの「リビング学習」が盛んに聞かれるようになった

子どもの学力向上。いつの時代も子どもの学力向上については様々な議論がなされ、時にはメディアを通して世に広まったりしてきました。そのような中、最近では家の間取りが子どもの学力向上に影響を与えると言われ、リビングやダイニングで勉強をさせるというスタイルが流行っているようです。

東大生の大半は子どもの頃、学習場所がリビングだったという調査結果もあるようですが、実際に家の間取りと子どもの学力向上に関連性はあるのでしょうか。

間取りが子どもの学力やコミュニケーションに影響を与える

確かに、家の間取りが子どもの学力向上に関与している部分はあります。例えば、冒頭で述べたリビングですが、ここでの学習は「わからない問題はすぐに聞くことができる」といった効率性と、「親に見守られている」という安心感が意欲や集中力を高める面があります。さらに、兄弟でリビング学習をすれば、下の子は自分の学年よりも先の学習内容を知って、興味をわく事もあります。

また、子どもが自室に入る前に必ずリビングを通る間取り(いわゆるリビングアクセス)は、自然と家族の会話が持てるようになり、親子のコミュニケーションを取る機会も増えるでしょう。こういった側面を見ていくと、家の間取りと子どもの学力は決して無関係ではないと言えるでしょう

重要なのは子どもが安心できる居心地の良い家であること

しかし、どれだけ間取りが理想通りであっても、子どもが家庭に居心地の良さを感じていなければ、学力効果が見られない事もあります。

そもそも、家庭は子どもにとって安心・安全であることが重要です。辛いことや悲しい事があっても、安心・安全を実感できる家庭環境が子どもに学習意欲を促すのであって、リビング学習やリビングアクセスといった環境を準備したら、必ず学力が上がるというのは、あまりにも表層的な見解です。

リビングは、親子でコミュニケーションをとる場所のひとつで、子どもに安心と安全を提供するきっかけのひとつです。

子どもが一人で過ごせる場所をつくることも大切

また、家の間取りに関わらず、子どもがクールダウンをする場所や時間があることも大切です。時には子どもが部屋で1人で過ごす事も大切ですし、子ども部屋がない場合は、1人でお風呂に入るなど、1人の時間を提供することも大切です。こういったメリハリがとれる環境も、安心と安全を感じ、学習意欲を高めます。

気をつけなければならないのは、リビングで子どもを監視することが目的になってしまうとです。連絡帳や明日の用意、学校の様子から友達関係まで事細かに管理し、二言目には「勉強しなさい」というコミュニケーションでは、子どもは家庭で安心と安全を実感できず、学習意欲が削がれることがあります。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「学び・興味」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。
2019年4月19日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
若手社員がぜひ身につけたいスキルとは?
若手社員が会社から期待されるような人材になるにはどのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?周りから出来るヤツと見られる、誰でもできるスピード重視の仕事術について解説します。

テーマ