JIJICO

小倉 越子さん

社会保険労務士

会社も従業員も有給休暇について正しい知識持って制度を活用しよう!

2018年7月3日

解決!アスクミー JIJICO

入社6か月未満でも有休が取得に厚労省の有給付与ルール方針変更

厚生労働省が、転職する人が転職先でも有給休暇をとりやすくするために付与ルールの指針を変更するようです。

具体的な変更内容は、「転職後(入社後)、6か月たたなくても入社直後から有給休暇が取得できるようにする」というものです。現在の法律では、入社してから6か月間は有給休暇を与えなくても問題はありません(もちろん、与える分には問題ありません)。

確かに、筆者が会社で人事を担当していた時、転職してきて2か月くらいの社員が突然入院することになり、有給がまた発生していないため「欠勤」で処理せざるを得ないという気の毒なケースが生じたこともありました。

入社した直後から有休が取得できれば、転職してきた社員は安心して働くことができます。しかし、私は現行の付与ルールをどれだけの会社が実行し、労働者が有給についてどこまで理解しているのか、人事労務の仕事に関わり始めて以来ずっと疑問に思ってきました。

労働基準法で定められた有給休暇のルールを順守している会社は少ない?

筆者が大手小売業で人事を担当していた時、新たに入社する従業員には、パートやアルバイトも含めて必ず就業規則の説明会を実施していました。有給の話をすると、「ここはパートにも有給があるのですか?!今まで働いたところでは有休なんかありませんでした。」とか、社員で入社した人からも「さすが大手ですね。前の会社には有給なんてありませんでしたから。」といった発言が多く聞かれました。

社労士事務所を始めてからも「就業規則に有休休暇の規定はあるのだけれど、全く機能していない。」あるいは「パートさんから有休休暇についての問い合わせがあったのだけれど、パートに有給ってあるのですか?」といった相談が度々ありました。

データを取ったわけではないので感覚でしか言えませんが、現在労働基準法で定められている有休休暇の付与ルールを完全に実施している会社のほうが中小企業では少ないのではないかと思います。

有給休暇の買い取りは本来の有給の趣旨に馴染まない

また、有給休暇でよく議論になるのが、有休「買い取り」です。安易に使いきれない有休の「買い取り」を認めてしまうと、「労働による心身の疲れを解消する」という本来の有休の目的が果たせなくなるため、特別な事情がない限り認められていません。

では、なぜ有休を使い切ることができないのでしょうか。有休を取得したくても、仕事の都合で取得しきれないことも多いのですが、原因はそれだけではないと思います。

有給についてきちんと知ることが制度活用への第一歩

人事をやっていた頃、自分に有給があることを知らず、退職間際になって「買い取ってくれ」とか、有休に2年の時効があることを知らずに「何とかしてくれ」と懇願されたことが度々ありました。

つまり、従業員が正しく有休休暇についての仕組みを理解していないため、取得を逃すということもあるのです。有給休暇の仕組みを労働者が知らないことには、会社に取得を要求することはできません。有休取得を促進するために法律の改正も有効ですが、まずは、会社、そして労働者に有給休暇について教育することも大切なのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

小倉 越子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ