JIJICO

田村 兼人さん

獣医師

ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策

2018年8月2日

解決!アスクミー JIJICO
犬の熱中症のほとんどが飼い主の不注意によって引き起こされる

近年、温暖化の影響もあり、日本の多くの地域でこの時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。

犬の場合、人のように汗をかくことができず、パンティングといわれる呼吸(あえぎ呼吸)によって熱を放出します。環境温度が高くなると、この熱の放出が不完全となり、正常な体温を保てなくなり高熱、脱水症状といった熱中症の状態に陥ります。犬の熱中症は、ほとんどが飼い主の方の不注意によって引き起こされます。これは進行すると確実に生命を脅かす状態へと進行しますので、日頃から十分な注意が必要です。

犬の熱中症の症状・予防法・対処法について

熱中症の症状

パンティング呼吸、大量のよだれ、40.5度以上の体温、ふらつき(意識障害)、嘔吐、下痢(粘血便)、ぐったり動かなくなる、けいれん、昏睡状態など危険な状態へと進行していきます。

熱中症に遭遇しやすい場面

1.エンジンを切って、動物を車中に残した状態で車から離れるような場合
JAFの調査では、エアコン停止からわずか15分で、人における熱中症指数が危険レベルに達すると報告されています。動物においても同様です。動物の車内放置は絶対にやってはいけないことです。
2.道路のアスファルトが熱く焼けている時間帯の散歩
動物は人に比べ地面に近い位置で歩きます。日差しのある日中、気温30℃でアスファルト表面温度は55℃に達するといわれていますので、地面からの輻射熱により、熱中症の危険が増します。十分な注意が必要です。
3.閉め切った室内でなおかつ、ケージ内での留守番をさせる様な場合
4.日陰のない野外で繋がれて飼われている場合
5.パグ、シーズー、ブルドックといった短頭種と呼ばれる犬種
6.高齢や肥満の動物

対処方法

熱中症が疑われる際は、速やかに動物病院へ連れて行くことが必要ですが、応急処置としては以下のことを覚えておいてください。
1.暑い環境から涼しくて通気の良い場所へ移動させる。
2.シャワーなどを用いて、流水で体温を下げる。(この際、氷水を用いると血管が収縮してしまい逆効果となる場合がありますので注意してください。また、体温が39.5度まで下がったら水浴をやめてタオルで体を拭いて保温してください。)

熱中症予防

熱中症に遭遇しやすい場面に対し、注意していくことが予防につながります。
1.車内に動物を放置しない
2.お散歩は、早朝や日没後アスファルトの温度が下がった時間帯を選び、保冷材等を首に巻き、できるだけ日陰を歩くようにする。飲み水も持ち歩き適時水分補給を行う。
3. エアコンを使用し25~26度に設定し室内の温度管理を行う。クールマットなどの保冷用品を使用するのもよい。
4. 野外で飼っている場合は、風通しがよく必ず日陰のある場所を選ぶ(コンクリートも熱くなるので注意)
5. 十分な飲み水を設置する

人間と暮らす動物は、限られた空間でしか生活できません。その生活空間が動物たちにとって安全で快適なものになるよう、日頃から注意を払うことで熱中症を含む不慮の事故に遭遇する機会を無くすることができます。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2018年8月16日 鹿島 直之さん
精神科医
解決!アスクミー JIJICO
ゲーム依存症が国際疾病に認定 求められる対策について
ゲーム依存症は治療が必要な精神疾患である。他の依存症と同じように、本人は依存症の自覚に乏しいため、早期発見と家族の関わりが大切である。
2018年8月2日 田村 兼人さん
獣医師
解決!アスクミー JIJICO
ペットも危険!「犬の熱中症」その予防と対策
この時期35度を超える「猛暑日」も珍しくなくなってきました。この暑さで、人も犬などの動物も熱中症予防とその対策が重要となってきます。熱中症は、確実に動物の生命を脅かします。その予防と対策について解説します。
2018年6月18日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。大事なのはコミュニケーション
夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。ストレスを溜め込まないために重要なのは夫との「思いやりをもった」コミュニケーションです。
2018年5月22日 田川 考作さん
眼科医
解決!アスクミー JIJICO
症状が自覚しにくい緑内障 検査方法や治療法を解説
40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と言われています。初期には自覚症状がほとんどない目の病気ですが、定期検診を受けて適切な治療を受ければ、失明する可能性は非常に小さくなります。

テーマ