JIJICO

つだ つよし。さん

心理カウンセラー

キレる高齢者が増えている 敬いの気持ちと尊敬されるための努力

2018年8月15日

解決!アスクミー JIJICO

いまや若者より「キレる」高齢者

人に対して暴言を吐く。暴力を振るう。過度なクレームをつける。正しい意見に聞く耳を持たない。これを聞いて あなたがイメージするのは、どんな人物像ですか?

一昔前までは、「威勢の良い若者」をイメージする方が多かったかもしれませんが、今では「高齢者」とイメージする方も多いかもしれません。というのも、今、「キレる高齢者」が問題となってきているのです。

もちろん、多くの高齢者の方は、これまでの人生経験から我々若造に「ものの分別」「道徳心」「人生の歩み方」を教えてくれる 敬うべきかたがほとんどですが、中には電車内での席を譲ろうとした子どもへの暴言や、非常識な席取り、公共の場での暴力など常識を外れた行動を起こし、ニュースに取り上げられる高齢者がいるのも事実です。

法務省の「犯罪白書」によると、高齢者(60歳以上)の暴力事件は この20年間で1万件以上増加しているとも言われています。

なぜキレる高齢者が増えてきたのでしょうか?正直 理由については 多くの専門家が様々な見解を示し、どれが正しいということは言えませんが、私はこのような点も少し関係しているのではないか?と思っています

男女平等、価値観の多様化、家庭内の権威低下など時代の変換期への置いてけぼり

40代前半の私でも 肌で感じるほど、男女平等や価値観の多様化など、時代は日々、スピーディーに変換しています。

一昔前は、男でいるだけで、家庭、社内、世間から 尊敬される時代が長く続きましたが、残念ながら 昔では、そういった「男としてだけの強さや威厳」は、通用しない時代になりました。

この変化を受け入れられず、なんとか抗おうとする気持ち、自己肯定感を埋めようとする気持ちが 「キレる」という行為に繋がっているのではないでしょうか。

言い換えれば、知らず知らずに「尊敬の強要」を行なっている場合が多いのではないでしょうか?というのも、「キレる高齢者」は、男性に偏っているのも事実です。

「労り」「感謝」「敬い」の気持ちを高齢者へ

では、どうすれば「キレる高齢者」が減る社会になるのでしょうか?まずは、我々若者や社会が、高齢者への敬いをもう一度 伝え直す努力が必要だとも思います。

今の社会、高齢者を労わる場面はよくありますが、男性高齢者が求めているものは、もしかすると「労り」「感謝」にプラス「敬い」なのかもしれません。

今の平和な世の中を作ってくれた敬い、様々な苦労や壁を乗り越え 人生を歩んで来たことへの敬いを、もっと分かりやすく伝える手立てが必要なのもしれません。

高齢者は「尊敬を手にする努力」をし続けていく

逆に 高齢者の方は「尊敬を求める」のではなく、「尊敬を手にする努力」を続けることも必要な時代になったと、素直に受け入れることも必要なのかもしれません。それには体が元気なうちには、積極的に仕事やボランティアなど、社会の利益に貢献していくことが必要だとも思います。

私も毎朝通勤時に、小学生の通学路に毎日立って交通指導を行うシニアの方を見ますが、その方々は 自然に子ども達、保護者、地域の「尊敬を手に入れ」またその尊敬の気持ちを、社会貢献に変え社会へ還元している良いサイクルが生まれているように見えます。

世代をつないでいくことの大切さ

最後になりますが、ぜひシニアの方へ伝えたいのは、「我々は高齢者のみなさんを心から尊敬しています」ということ。みなさんが居たからこそ、今の時代を我々が生きていけると、この年になり、心から感じています。

我々も、その尊敬の気持ちを伝えられる社会にしていく努力をしていきます。シニアの皆さんもまだまだ社会に力をお貸しください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

つだ つよし。さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ