JIJICO

古賀 竜一さん

コンピューターサポートエンジニア

Google・Amazon・LINE…スマートスピーカーの選び方と”使える”デバイスとしての利用法

2018年9月8日

解決!アスクミー JIJICO
今、スマートスピーカーが新しいITデバイスとして注目されています。音声認識についてはスマホやタブレットなどで慣れ親しまれていますから、それ自体については目新しさはないのですが、対話形式と多機能と言う部分では興味深いものがあります。そこで、現在各社から出されているスマートスピーカーについて、その選び方と利用法について検証してみます。

IT機器選択のファーストプライオリティーは「用途・目的」

パソコンやスマホ、周辺機器購入の際、機種の選定には誰もが悩むものです。いったん購入すれば何年も使う身近な存在になるわけですから、慎重になって当然です。しかし、後悔するかもしれないと薄々わかっていても、つい格好良さだけで選んでしまうことってありますよね。難しいスペックを読み解くより安さで決めてしまうとか、デザイン重視とかで決めてしまうユーザーは多いもの。
後悔しない選択をするには、デザインも大事ですが最も優先したいのは、「何を目的として使うのか」という事です。その装置で自分がどうしたいのか、つまり「何のために買うのか」をしっかりと自分に問う事です。そこを押さえることができれば機器購入の失敗や後悔は回避できます。
そのような視点で、スマートスピーカー選びを考えてみましょう。

Google・Amazon・LINEのスマートスピーカー

Google Home

主に検索を中心にネットを利用したり、Googleのサービスを数多く利用している場合、Google Homeが適しているでしょう。検索を頻繁に行う場合重視したいのは精度とスピードです。必要なときに必要な速さで検索結果を得たい時に、精度とスピード感は最も重視されます。Google Homeの特長は、音声認識の精度が高く、検索スピードが速いことです。

特にGoogleの各種サービスを利用している場合は、Google Homeとの親和性は抜群です。検索に特化したGoogleならではの精度と速さの面で”使える”装置として役に立つでしょう。

Amazon Echo

Amazonの通販利用が多いユーザーには、Amazon Echoが最適です。同時にPrime Musicも利用していればAmazon Echoの選択は理に適っていると言えます。音声エンジンのAlexaは、スピードよりも安心感を求めるユーザーには最適で、他と比べて実際の会話に近い言葉のやりとりが特長です。
また、家電操作の対応では他機種よりも周辺機器が充実していて、簡単に通販でも入手できることから、通販との親和性ならば一択となるでしょう。

Clova WAVE

主にLINEを中心にネット利用している場合はClova WAVE一択と言っても良いでしょう。LINEから出たスマートスピーカーですからLINEに最適なのはもちろんですが、手が離せない時に音声入力でLINEが送れるという部分は、単に便利と言うだけでなく必需品相当になるユーザーも多いのではないでしょうか。
Clova WAVEでのLINE利用はスマートスピーカーの存在意義を最も見いだせる使い方と言ってもいいでしょう。

家電操作はこれからだが、価格よりメリットが上回る

家電連携についてはこれからまだ発展の余地が十分にありますので、機器のリモート操作を主眼にスマートスピーカーを購入するのはもう少し様子を見た方が良いでしょう。ただスイッチ(電源)の、オン・オフなど単機能の操作で十分ならば今の機種でも十分対応可能な家電もありますので、よく検討の上、購入しましょう。

用途別に各メーカーのものを買いそろえるのもアリ

スマートスピーカーの価格というのは良く考えてみると、パソコンなどと違って買って後悔するとか失敗するという高額なものでもなく、それどころかユーザーによってはそれぞれ用途別に買い揃えても良いくらいの機能と価格と言って良いでしょう。ITデバイスとしての用途次第では、利用価値や費用対効果が大きく高まると言えます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

古賀 竜一さん
コンピューターサポートエンジニア

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ