JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

青島 明生

弁護士

富山中央法律事務所

富山中央法律事務所に在籍する弁護士。イタイイタイ病裁判の教訓を生かし、富山県内外の市民の人権・利益を守るために活動を続ける。富山県弁護士会副会長、日弁連消費者問題対策委員、同情報問題対策委員、同憲法委員を務め、イタイイタイ病、山中事件、名古屋HIV訴訟、出し平ダム排砂被害訴訟、薬害肝炎名古屋、B型肝炎北陸訴訟などの弁護団歴を有する。


2016年10月19日
辞職ドミノが続く富山市議会 政務活動費問題はなぜなくならない
富山市議会で政務活動費の不正受給が発覚して議員が次々と辞職する異常事態となっています。政務活動費問題は富山市に限らず全国で発生しており、再発防止には手続きの適正化や支出基準を厳格にするなどの対策が必要。
2016年7月11日
日本でも国民投票は実施可能か?実施のために解決すべき問題とは?
「BREGRET(イギリスの後悔)」という言葉が流行るほど、英国の国民投票は多くの問題を投げかけました。日本で国民投票を実施することになった場合、何が問題になってくるかを解説いたします。
2016年5月12日
有権者となる高校生の政治活動をどう考えれば良いのか?
公職選挙法改正で選挙権年齢が18才以上に引き下げられ、高校生も有権者となり投票とともに政治活動も行うことが出来ることに。一方、政治活動の届け出を義務化する動きがあるが、これは違憲の可能性も。

2016年4月9日
野球賭博問題 処分に不公平は無いのか?
野球賭博問題で高木京介投手を一年間の失格処分としました。無期失格となった巨人3投手と比べても相当軽い処分のようにみえます。不公平な処分ではないか、無期失格の選手が訴えれば裁定は覆るのか、弁護士が解説。
2014年4月6日
冤罪確定で国から受けられる補償は?
45年以上にわたって拘束され続けてきた袴田巌さんの再審開始と釈放が決定した。無罪が確定した場合、貴重な人生の大半を獄中で過ごした袴田さんが国から受けられる補償とは?弁護士が解説。

テーマ