JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

浅井 知彦

一級建築士

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

1968年三重県津市生まれ。1992年東京理科大学理工学部卒業。三菱マテリアル研究所で約10年の研究活動の後、大阪で設計事務所に勤務。2006年5月にレヴォントリ株式会社 一級建築士事務所を設立。住まう人と土地を意識しながら、素材と構造に最適なものを選べば、「必然的」に心地よい洗練された建築デザインになるという独自の考え方に基づき、住宅・店舗などの設計、リフォームを手がける。


2017年8月10日
解決!アスクミー JIJICO
戸建て住宅のバリアフリーリフォームで失敗しない方法
将来に備えたバリアフリーリフォーム、失敗しないためには「どこまでやるか」が重要。「ちょうどいい」リフォームで毎日の生活を快適に。
2016年6月8日
リフォーム増加でトラブルも増加!リフォーム業者選びのポイントは?
ここ数年、住宅リフォームの件数は増加していいますがそれと同時にトラブルも増加傾向に。満足のいくリフォーム工事が行えるかどうかは工事業者選びで決まります。選び方のポイントを専門家が解説。
2015年3月16日
断熱フィルムは効果なし?冷暖房効率を上げるには
インターネットやホームセンターで冷暖房の効率をアップする商品として「断熱フィルム」が数多く販売されている。しかし、断熱性を高めることは家が建ってからでは難しく、設計段階から考慮する必要があると専門家。

2014年7月18日
耐震性示す「表示マーク」交付。安全基準の変遷
神戸市では6月6日より耐震性が確保された地震に強い建物であることを示す「表示マーク」の交付を開始。「新耐震基準」が施工された1981年6月以降に着工された建物は対象。安全基準の変遷を一級建築士が解説。
2014年5月16日
住宅の太陽光発電は得か?損か?
最近ではソーラーパネルを載せている家も多く見かけるが、数百万円の初期投資がかかる。10年以上順調に発電すれば充分な利益が得られるが損をすることも。太陽光発電設置のポイントと注意点について専門家が解説。
2014年1月8日
洲本市が田舎暮らし推進。建築士が語る古民家の魅力
兵庫県洲本市では「洲本市田舎暮らし推進協議会」を発足し、島外からの移住および定住の促進を図るため施策を展開。どこか懐かしいような安らぎ感のある古民家は、安全性を強化して「不便を楽しむ」ことが醍醐味と建築士は語る。

テーマ