JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

古家 敬三

医学博士

古家医院

京都大学医学部卒業後、京都大学病院の研修医を経て、北野病院の外科に5年勤務。京都大学医学研究科大学院修了後、3年間米国FDA留学、大阪赤十字病院外科を経て2003年開業。医学博士、日本外科学会認定 外科専門医、日本消化器病学会認定 消化器病専門医。


2017年9月23日
解決!アスクミー JIJICO
がん免疫療法を正しく知ろう
がんの免疫療法が知られるようになってきました。一方で、過大な広告表現などで却ってがん患者を戸惑わせることも。正しい知識を身につけましょう。医師が解説します。
2017年7月30日
解決!アスクミー JIJICO
胃がんとピロリ菌の深い関係 胃がん予防のためにできることは?
胃がんとピロリ菌には深い関係があります。ピロリ菌感染率の低下により日本の胃がん死亡者数は減少し始めていますが、今できる対策とは?
2017年4月24日
老化を防ぐカロリー制限、本当に寿命を延ばすための条件とは?
動物実験ではカロリーを制限することで老化を抑制し寿命が延びることがわかっていますが、ヒトの場合はどうなのでしょうか?

2017年1月14日
予防医療の実践で健康寿命を延ばせるか?
超高齢社会に突入したわが国の保健医療の目標は、単に長生きすることではなく、いかに健康で長生きするか、すなわち健康長寿の実現であるといえるでしょう。予防医療の実践で健康寿命を延ばすことは可能でしょうか?
2016年11月28日
頑固に長引く咳の原因は?
長引く咳は、本人がしんどいだけでなく周りの人にも不安を与えます。長期間続く頑固な咳には様々な原因が考えられますが、放置していると危険なものもあります。たかが咳と軽視せず、医療機関で診てもらいましょう。
2016年10月7日
サイレントキラーと言われる高血圧 放っておくと大変なことに
日本の高血圧人口は約4300万人と言われていますが、約半数の人が未治療の状態です。しかし、放っておくと重篤な病気を引き起こすことにもつながるので、若い時期から高血圧の管理をすることが重要。

2016年6月25日
この夏は猛暑となる可能性 体調管理に万全を
今年の夏は史上最も暑かった2010年に匹敵する猛暑に見舞われるとの予報が。体調管理を万全にするため熱中症への備えや食中毒を防ぐことに加え、今年は蚊による感染症にも注意が必要。
2016年2月20日
解決!アスクミー JIJICO
腸内フローラについて正しく理解しよう
人間の腸内には数百種類の細菌が約100兆個、互いに影響しあいながら一つの生態系を形成しており、腸内フローラと呼ばれています。健康的な生活をしていくためにも、腸内フローラを正しく理解することが重要です。
2015年9月4日
ある日突然猛烈な痛み、中高年に多い大動脈疾患とは
心臓から全身に血液を送る大動脈は、人にとって最も大事な血管。これに異常が出ると大動脈瘤や大動脈破裂、大動脈解離といった大動脈疾患を発症し死に至る可能性も。加齢のほか高血圧などによりリスクが高まる。

2015年6月22日
エアコンが引き起こす「夏型過敏性肺炎」
エアコンの湿気とホコリを好むトリコスポロンというカビを何度も吸うと、発熱や咳、呼吸困難を症状とする「夏型過敏性肺炎」を発症することがある。放っておくと、やがて肺自体が障害されて慢性化も。今から点検を。
2015年4月19日
東京都のHIV 感染者、過去最高の現実
世界的にHIV感染者の数は防止策と啓発活動が効果を上げ、劇的に減少している。しかし、例外的に日本を含む東アジアは感染者の増加に歯止めがかからない。特に東京の感染者数は過去最高を記録している。
2014年12月8日
ロキソニンS「第1類据置」は妥当?
厚生労働省の医薬品等安全対策部会は、ロキソニンSのリスク区分を、薬剤師による対面販売が必要な第1類に据え置くことを決定。まれに喘息や腎障害などの重い副作用が出ることもあり、妥当な判断と医師。

2014年10月3日
終末期医療を考える。胃ろうの是非
最近の医療関連の報道や書籍で、終末期における胃ろうの是非が取り上げられることが増えた。しかし、胃ろうが終末期医療の代名詞であるかのような誤解も。胃ろうの是非は個々のケースで十分に話し合って決めるべき。
2014年8月25日
「がん緩和ケア」に求められる役割
「がん対策基本法」では、がんと診断された時から緩和ケアを始めることを推奨。がん緩和ケアの最も大きな役割は、がん患者の心の痛みを受け止め、理解し、それを和らげること。多職種が連携して関わるべきと提言。
2014年5月14日
緊張でトイレに駆け込む病気が増加
最近、緊張すると通勤や通学途中で便意を催したり、トイレが無い場所へ行くと急に尿意を感じたりする人が増えている。主として自律神経の障害が原因。治療には、規則的で緩やかな生活を送ることが重要と医学博士。

テーマ