JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

ゴーン 恵美

英語・英会話講師

恵美&ジェフゴーンえいご教室withこどもえいごCLUB

長崎県佐世保市出身。学校卒業後、エアラインの仕事に携わる。上司の家族に個人的な英語の指導を手がけたことをきっかけに、英語教室をはじめることに。現在は、絵本・教材作家の夫と二人三脚で、英語習得を目指した教室を運営中。英語教材 Live and Learn ENGLISH! 共同著者。


2018年8月3日
解決!アスクミー JIJICO
子どもの英語教育は2000時間を目標に歌やチャンツで下地作りを!
小学校からの英語教育導入など英語学習はますます重要性を増しています。小さい頃から歌やチャンツなど親しみやすい英語体験を経ることで、英語の下地を作ることができます。
2018年4月22日
解決!アスクミー JIJICO
幼児期の英語教育は「おうち英語」!歌を聞いて英語の土台を作ろう
幅広い音を聴き取れる幼児期は、英語土台つくりの黄金期!「おうち英語」で英語のリズムを獲得し、通じる英語、使える英語につなげましょう。英語の歌を聴くこと真似ることをベースに、ネット動画やCDの活用もしてみましょう。
2017年11月25日
解決!アスクミー JIJICO
OLは和製英語!身近にあふれる英語っぽい「日本語」
旅先でどうしても英語が伝わらなかったという経験はありませんか?それは、私たち日本人が作った「和製英語」だからかもしれません。

2017年8月9日
解決!アスクミー JIJICO
親が子どもにしてあげる英語教育「おうち英語」とは?
英語の重要性はますます高まり、子どもにどのように英語を身につけさせるかお悩みの親御さんも多いと思われます。家庭の中で親が子どもと一緒に英語を学ぶには?
2017年3月1日
英語は小3から これで子どもたちの英語の習熟は進むか?
2020年に英語教育が小学校3年生から必修化となります。2008年から5,6年生を対象に外国語活動として英語教育をスタートしていますが、コミュニケーション力のアップなどの成果が出ており、更なる成果が期待できます。
2017年1月29日
英語を「話す」と「書く」の溝をどう埋めるか?
グローバル化が進み英語の重要性はますます増してきています。英語の習熟で大切な「話す」と「書く」はどのように身につけていけば良いのか?また「話す」と「書く」の溝を埋めるにはどうすれば良いか、解説します。

2016年9月18日
おもてなし英語が磨かれるか?「英語応対能力検定」来春スタート
訪日外国人数の増加傾向を受け、政府は「2020年に4000万人」という目標を掲げています。今後、ますます増える外国人への応対を見越して英語応対能力検定の試験がスタートします。これでおもてなし英語が磨かれるか?
2016年8月15日
英語小5から教科化 児童生徒たちの英語力向上につながるか?
英語を小5から教科化することが新学習指導要領で発表されました。中でも自ら考えながら学ぶ「アクティブラーニング」の導入は、児童生徒たちの英語力向上につながると期待されています。
2016年4月19日
中高生の英語力・国の目標に届かず 英語力アップのカギはどこに?
歩みだした日本の英語教育改革、政府の目標に達するにはまだまだ時間がかかりそうです。生徒達に英語の必要性を感じさせ、経験をさせる必要があり、そのためにも国を挙げての英語教育への働きかけが期待されます。

2016年1月15日
外務省が入省者へ課す「TOEFL100点以上」はどの程度のレベル??
外務省は入省する職員に国際的な英語力テストTOEFLで、100点以上の獲得を目標に課すことを決めた。入省時から高い英語力を身につけ、外交現場での交渉に役立てることなどを目的とするが、果たしてどの程度のレベルか。
2015年12月8日
これだけは要注意!注目される幼児への英語教育のNGパターン
変化が問われ続ける日本の英語教育。コミュニケーション英語が重要視され、幼児の段階から英語教育の必要性が叫ばれている。そこで求められる英語教材だが、数ある中から選択する際の注意点について専門家が解説。
2015年4月22日
英語力を問う新たな基準「国際バカロレア」とは?
日本ではあまり聞き慣れない「国際バカロレア」。国際的な教育プログラムとして、日本でも国の支援により大学でも重要な位置付けを担うようになると注目されている。その概要と今後の行方を専門家が解説する。

2015年1月24日
「生きた英語」習得へ 東京都「英語村」に抱く期待
国際社会で活躍する人材育成を目的に、東京都は英語での生活が体験できる「英語村」の構想を発表。体験的活動で子どもに達成感や自信を与え、「生きた英語」習得を目指す同施設への期待について専門家が解説。
2014年7月9日
指導力に疑問、英語教員に求められる姿勢
文部科学省の調査で、英検準1級程度の力を持つ中学校英語教員が3割未満であることがわかった。世界と比べても遅れを取っている日本の英語教育において、指導者として望ましいレベルにあるのか。英会話講師が解説。
2014年5月15日
ビジネス英語上達のコツは中学英語
今年春、話題の寝台列車「ななつ星」で第二期クルーの募集が発表され、外国語に堪能な人材が求められている。今後さまざまな業種で求められるであろうスキル、ビジネス英語習上達のコツを専門家が伝授。

テーマ