JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

半田 望

弁護士

半田法律事務所

弁護士登録当初から交通事故や離婚・消費者問題、労働問題等の市民事件や破産・管財事件、刑事・少年事件を多く取り扱う。また、行政事件(市民側)や国家賠償請求事件等の集団訴訟の弁護団にも多数加入し研鑽を積んでいる。弁護士業務の傍ら、地元大学での非常勤講師(民事訴訟法)や各種講演などの活動にも積極的に取り組む。


2014年11月11日
大手銀による「債務者の口座情報開示」がもたらす意義
三井住友銀行は大阪弁護士会との間で、確定判決や和解成立を条件に債務者の口座情報の照会に応じる協定を結んだ。現在の強制執行手続きの運用では権利の実現として不十分。執行制度の弱さを補うもので期待できる。
2014年10月29日
「うちわ問題」松島氏アウトで蓮舫氏セーフのワケ
松島前法務大臣が「うちわ」を選挙区内で配布していたとして問題となり辞任した。民主党の蓮舫議員などもうちわを配ったとしてネットで話題になっているが、財産的価値の有無という意味で違いがあると弁護士の見解。
2014年10月17日
産経ソウル支局長問題から考える民主主義のあるべき姿
韓国において、朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして、産経新聞ソウル支局長が情報通信網法違反の罪で在宅起訴に。政治報道に対する不当な圧力は、民主主義の否定と弁護士。表現の自由の意義を再確認する必要がある。

2014年10月9日
それでも裁判員制度を続けるべきか?
今年で導入から丸5年を迎えた裁判員裁判制度。ストレス障害を発症したとして、国に慰謝料を求めた裁判も提起されるなどマイナス面も指摘。一定の意義はあるが、制度のあり方について再度見直すべきと弁護士の見解。
2014年9月26日
「ひとり親家庭」を支える公的支援
久留米市の筑邦銀行が、人材サービス会社と提携し、母子家庭への支援を目的としたローンを始め話題に。しかし、まずは公的支援の充実が必要と専門家。ひとり親家庭を対象とした経済的・社会的サポートを紹介。
2014年9月10日
「着衣の女性を撮影で逮捕」は妥当?
神奈川県で、電車に乗車していた女性の顔や足などの写真を撮った男性が逮捕された。本件では、迷惑防止条例違反となることは十分あり得ると弁護士。逮捕できるかどうかと犯罪の重さは必ずしもイコールではない。

2014年9月1日
首長の多選は制限すべきか?
地方部を中心に古くから問題となっている「首長の多選」。いくつかの自治体で首長の他薦自粛を定めた条例が制定され、議論がなされている。「民主主義の在り方」を巡る問題として、国民全体の判断に委ねられるべき。
2014年8月19日
万引き犯の「顔公開」に潜む法的リスク
万引き犯に対し店舗が「犯人の顔写真を公開する」「防犯カメラの映像を公開して犯人に名乗り出るよう求める」といった措置をとることの是非が話題に。しかし、自力救済の潜在的な法的リスクは無限大と弁護士が指摘。
2014年8月1日
「ながらスマホ」で自動車事故、危険運転に?
「ながらスマホ」の危険性が指摘され、事故も相次ぐ中、運転中の「ながらスマホ」で事故を起こした場合、処罰はどうなるのか?「ながらスマホ」は刑罰に値するとの自覚を持ち、事故防止に向けた意識が求められる。

2014年7月21日
「自分の個人情報は自分で守る」流出被害を防ぐ対策
大手企業による個人情報の流出・漏洩という問題が頻発。しかし「流出した個人情報の回収」という点では取り得る手段は現実的にはない。最大の個人情報漏洩防止策は、安易に個人情報を記載しないことと弁護士の見解。
2014年7月2日
福岡で国内最古のサイ化石発見、所有権は誰に?
福岡県で発見された日本最古のサイの化石。日本では概ね発見した人に所有権がある。ただし、私有地での発見には要注意。発見物が文化財に指定されることもあるため、まずは所轄の警察署長に届け出を。弁護士が解説。
2014年6月17日
ブラックバイトに泣き寝入りしないために
「ブラック企業」が社会問題化している今、その被害は正社員だけでなく、アルバイトにも及んでいる。前提として、ブラックバイトは辞めることができるため、毅然とした態度で臨むべきと弁護士。対策について伝授。

2014年5月28日
ネット中傷を許さない法的対応策
法人や個人にかかわらず、ネットで誹謗中傷を受ける事例が多発。まずはプロバイダに対して発信者情報の開示を求め、中傷の拡散を防ぐため速やかに削除要求を。冷静になって対応することが一番の対策と弁護士。
2014年5月10日
軍艦島に見る世界遺産登録への課題
「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の一つとして、世界遺産登録を目指す長崎県の軍艦島。未来へと伝えるべき人類共通の遺産であるはずの世界遺産だが、登録に向けて課題も。弁護士の見解。
2014年4月27日
先物取引の勧誘、規制緩和の危険性
経産省と農水省は商品先物取引法の施行規則等の見直し案を公表。飛び込みの営業や電話での勧誘を指す「不招請勧誘」の規制緩和で、深刻な消費者被害が増える可能性も。「自己責任」論への懸念を弁護士が指摘。

テーマ