JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

平松 幹夫

マナー講師

岡山ハッピーコミュニケーション

ホテル業界で33年間、接客の仕事に従事。ブライダルマネジャー等を経験し、「良好な人間関係の築き方」「人間観察力」を修得。現在、マナーの専門家として、職場における社員・職員研修や、学校における「マナー指導」「面接指導」「職業人講話」等、セミナー・講演活動に幅広く携わる。


2016年7月5日
クレームは対応次第でお客様をファンにすることも 対応の極意とは?
仕事で人を相手にしている以上、クレームとは無縁でいられません。クレームが発生したときの極意は「要領を得た対応」と「誠意のこもった対応」。誠実に対応することでクレームのお客様がファンになることも。
2016年2月24日
一流の上司は「去り際」に何を語り、部下を感動させるか
春の訪れは「別れ」と「出会い」の季節でもあります。特に職場では年度末のところも多く、異動や退職が集中する時期です。そこで送られる上司として、部下を感動させる心に残るスピーチのポイントを紹介します。
2015年11月24日
「上司へのハンコは斜めに押す」は金融業界の悪しき慣習?
金融業界では上司への敬意や尊敬の念を込め、書類を提出する際のハンコを左斜めに傾けて押す慣習が存在するという。「部下が上司にお辞儀するように」との意味合いがあるというが、好感が持てるとは思えない。

2015年9月8日
「ごくごく」や喉元アップ禁止、アルコールCM規制は過度な配慮!
アルコールCMにおいて、「ごくごく」などの音声使用や喉元のアップを規制するとともに、出演者にも25歳以上という制限ができた。アルコール依存症や未成年者の飲酒に対する配慮とのことだが、本当に必要あるのか。
2015年8月13日
気にしすぎ?タモリ口火「お疲れ様」議論!言葉より先に「心」ありき
タモリが口火を切った「お疲れ様」の使用に関する議論が、ネット上で白熱している。一部では目上の人には「こんにちは」を使用することに変えた職場もあるというニュースもあるが、全く問題ないと専門家の意見。
2015年7月17日
女性タレントの出産シーン放映「 配慮がない」の理屈は通る?
女性お笑いタレントの出産シーンをテレビが取り上げたことで、「産めない女性に配慮が無い」との非難が殺到した件。電波に乗せて不特定多数に見せることに違和感はあるが、放映自体は問題がないという意見も。

2015年5月13日
イオンの「母の日ポスター」騒動は女性蔑視?
大手小売業のイオンが「母の日」商戦に向けた広告のキャッチコピーについて物議を醸した。女性蔑視ではないかとする意見もあるが、それは短絡的で浅はかな考えであり、総合的に意図を理解すべきと専門家。
2015年4月21日
国際化の今こそ求められる、日本人女性の品格
女性の社会進出が進みライフタイルや価値観が多様化する今、求められるのは女性としての品格。日本人らしい言葉づかいや所作で相手に礼儀を尽くしながら、プロトコール(国際儀礼)を身につけて大いに活躍を。
2015年2月28日
海外が絶賛も…ベビーカー論争で問われる日本の精神文化
「駅と電車内の迷惑行為ランキング」で「混雑した車内へのベビーカー乗車」が7位となり、論争が白熱。法律ではない限り正解はないものの、古来より続く日本人の精神文化の素晴らしさを発揮すべきと専門家の意見。

2015年1月25日
ご利益ある正しい「恵方巻き」の食べ方
節分は一年で最も大切な季節の節目。「恵方巻き」は、その年の恵方を向いて喋らず目を閉じて、丸かじりで食べるのが基本的な食べ方。ただし、行事の意義を理解して心豊かに味わうことが最も大切と筆者。
2015年1月1日
国際化の中で見直したい「お正月」の意義
正月は、里帰りされた歳神様をお持て成しする特別な日。日本人の「思いやりの心」「おもてなしの心」の原点がある。先祖を敬い、もてなす気持ちが凝縮されている大切な行事と再認識し、実りある一年を。
2014年11月29日
解決!アスクミー JIJICO
年賀状に子どもの写真、マナー違反か?
子どもの写真を掲載した年賀状の賛否をめぐる論争が絶えない。年賀状の趣旨から考えて子どもが主役ではないため、反対とマナー講師の見解。伝統行事には必ず由来があり、簡単に趣旨を変えるべきではないと指摘。

2014年10月15日
マナーで考えるマタニティーマーク論争
マタニティーマークについて賛否が巻き起こっている。マナーの視点で考えれば、その存在を素直に歓迎したいと専門家。今回の論議を皮きりに、おもてなしの精神を育むことができる制度や組織の在り方も論議すべき。
2014年6月14日
今さら聞けない御中元マナー
ボーナス支給の時期が近づき、デパートでは御中元商戦に向けた準備が進んでいる。贈答の時期や相手、何をどのように贈るかなど、知っているようで知らない御中元マナーやポイントを専門家がアドバイス。
2014年3月22日
お花見の場所取りで役立つマナー
お花見では、譲り合いの精神を発揮して、必要最小限の広さで楽しむことがマナー。広さは参加者1人につき1平方メートルくらいが目安。桜の根は弱いため、桜の木の下には入らないように。マナー講師が解説。

テーマ