JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

平松 幹夫

マナー講師

岡山ハッピーコミュニケーション

ホテル業界で33年間、接客の仕事に従事。ブライダルマネジャー等を経験し、「良好な人間関係の築き方」「人間観察力」を修得。現在、マナーの専門家として、職場における社員・職員研修や、学校における「マナー指導」「面接指導」「職業人講話」等、セミナー・講演活動に幅広く携わる。


2014年10月15日
マナーで考えるマタニティーマーク論争
マタニティーマークについて賛否が巻き起こっている。マナーの視点で考えれば、その存在を素直に歓迎したいと専門家。今回の論議を皮きりに、おもてなしの精神を育むことができる制度や組織の在り方も論議すべき。
2014年6月14日
今さら聞けない御中元マナー
ボーナス支給の時期が近づき、デパートでは御中元商戦に向けた準備が進んでいる。贈答の時期や相手、何をどのように贈るかなど、知っているようで知らない御中元マナーやポイントを専門家がアドバイス。
2014年3月22日
お花見の場所取りで役立つマナー
お花見では、譲り合いの精神を発揮して、必要最小限の広さで楽しむことがマナー。広さは参加者1人につき1平方メートルくらいが目安。桜の根は弱いため、桜の木の下には入らないように。マナー講師が解説。

2014年3月10日
コーラ比較CM、問われる品格
ライバルのコカ・コーラとの比較をするペプシコーラの新しいCMが話題に。日本的とは言えないストレートな比較広告が日本で受け入れられるのか?日本人の感情に目を向けマナーの専門家が見解を述べる。
2014年3月8日
大学受験に親は付き添うべきか?
東北大の二次試験で、同行する親が増加したことでバスが満員になり、そのあおりで乗り切れない受験生が続出。過保護な傾向は年々エスカレートしているが、大学受験の時に親が取るべき態度について専門家が指摘。
2014年2月25日
飲食店での写真撮影、マナーのプロはどう見る?
個人的な体験や私生活をSNSで発信する人が多い今、飲食店で提供された料理やスイーツをスマホや携帯電話で撮影する人が増え、このこと自体がマナー違反になるか否か論議を呼んでいる。マナー講師が見解を述べる。

2014年2月11日
急な依頼に慌てない「弔辞」マナー
少子多死社会が進展し、葬儀に参列する機会は増加傾向に。急に弔辞を依頼されるケースも。耳に素直に入ってくる「口語調」で800~1200字が目安。遺影に向かって故人に語りかけるようにゆっくりと読むように。
2014年1月23日
大人のための仏式お葬式マナー
著名人の訃報が相次ぐ昨今。もし、親族やお世話になった人の訃報を受けたら落ち着いて、自分の取るべき行動を考えることが先決。香典の渡し方や服装など、仏式のお葬式にまつわる大人のマナーについて専門家が解説。
2013年11月25日
上司に「賀正」はNG!今さら聞けない年賀状マナー
目上の人への年賀状に「寿」「賀」「賀正」「迎春」は不向き。「新年」と「明けまして」、「元旦」と「1月1日」は重複しないように。今さら聞けない年賀状の基礎知識とマナーについて、マナー講師が解説。

2013年8月5日
異例づくし 松井秀喜が日米で愛されるワケ
国民栄誉賞を受賞し日米それぞれで引退セレモニーを行った松井秀喜さんが、国境を越え、人々から愛されるワケをマナーの観点から紐解く。国際化が進展する中、松井さんに学ぶ「美しく生きるマナー」の大切さについてマナー講師が提言。
2013年5月20日
平成生まれの新入社員の育て方。その傾向と対策
教育が難しいと言われる「平成生まれの新入社員」への接し方をマナー講師が指南。平成の新入社員を育てる本質的な対策は「教える側の技量」と「職場の環境整備」にあった。

テーマ