JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

石村 衛

ファイナンシャルプランナー

ライフパートナーオフィス

2001年、ライフパートナーオフィス設立。児童・学生に対して健全な金銭感覚を養ってもらおうと、金銭教育に取り組む。関東地区の小学校にて講師を引き受け、特別授業を実施。また、高等学校の保護者会においても進学資金についての講座を行うなど、豊富な講演実績を誇る。


2015年11月5日
子どもへの金銭教育に要注意?正常な感覚を養うには
子どもがオンラインゲームを利用し、高額請求を受けるトラブルが多数。ネット上で簡単に購入できることから、「お金を使っている」という感覚がマヒしている場合も。子どもの金銭感覚を育む必要性をFPが述べる。
2015年10月2日
親世代の学び直しが子どもの貧困を救う
政府は、経済的に厳しい家庭の子どもを支援する必要な施策をまとめた「子供の貧困対策大綱」を閣議決定。その中に「親の学び直しの視点も含めた就業支援を推進する」との一文が。貧困対策につながるか専門家の見解。
2015年6月4日
自立促す金銭教育の重要性、決めておきたい「おこづかい」ルール
おこづかいを与え始める年齢は、「何歳が適切なのか」悩みどころ。一般的に小学校3年生~4年生が多い。子どもは「モノを手に入れる喜び・達成感」を得る。健全な金銭感覚を養う「おこづかい」の役割をFPが解説。

2015年1月1日
お年玉、子どもに全額渡すべき?
お年玉は、子どもにとって「大金」を手にする機会の代表例。しかし、全額渡せば、「お正月は大金が降ってくる日」という認識を持たせかねない。ただし、預かる際は預金の意味や目的・効用について話し合いを。
2014年8月22日
「子ども貧困率」過去最悪の背景
厚生労働省によると、平生24年時点で平均的な所得の半分以下の世帯で暮らす子どもの割合が過去最悪となる数値を記録した。その背景となる要因を、子どもの金銭教育に取り組むファイナンシャルプランナーが解説。

テーマ