JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

影山 正伸

社会保険労務士

影山社会保険労務士事務所

平成6年11月、社会保険労務士資格を取得。平成8月1月、影山社会保険労務士事務所開業。船橋労働基準監督署の労災課相談員や労働基準協会連合会委嘱「就業規則普及指導員」を務め、労働相談、就業規則受理などの経験を積む。平成11年10月、日本人事総研の研修を受け、実力資格制度の導入等のコンサルティングを開始。現在、新規開業企業に就業規則や労働条件の整備をコンサルティングしている。


2015年1月18日
企業が「昼寝制度」を有効活用するポイント
厚生労働省も推奨していることから、社員の昼寝を容認する企業が増加傾向にある。しかし、就業時間内の昼寝は論外だとする経営者サイドの声も聞かれる。企業が昼寝制度を有効活用するポイントを社労士が解説。
2014年11月29日
「帰省NG」バイトの張り紙は違法か?
Twitterにアップされた「帰省NG」のバイトへの張り紙が物議を醸している。張り紙の内容は違法とまでは言えないと社労士。もし、年末年始に出勤できないくらいで解雇してしまえば不当解雇にあたる可能性も。
2014年11月25日
企業負担を軽減「有期雇用特別措置法」とは
衆議院で「有期雇用特別措置法」が賛成多数で可決され、来年4月1日に施行される。労働契約法の特例を設けるための法律であり、今まで大きかった企業負担を軽減する措置として注目される同法の概要を専門家が解説。

2014年11月12日
社員ストレスチェック義務化への課題
傷病手当金受給者の中で精神疾患の割合増加を受け、2015年12月から労働者50人以上の企業で従業員のストレスチェックを行うことが義務付けられた。しかし、一部の中小企業は義務化に対応しきれないと専門家の意見。
2014年11月9日
中小企業が「年功賃金廃止」の流れに乗るリスク
政府、経営者、労働者の3者代表による「政労使会議」が開催され年功賃金廃止についてコメントが出された。グローバルに展開する大手企業は賃金制度を改定する必要があるが、中小企業は事情が異なるため慎重に。
2014年10月18日
台風で休業、休業手当の支払い義務は?
18号、19号と2週立て続けに日本列島を縦断する台風が発生。通常、台風で休業の場合、休業手当の支払い義務はないが、出勤することができた場合は休業手当の支払いは必要。社会保険労務士が解説。

2014年9月30日
生活保護費を上回った最低賃金をめぐる懸念
国の最低賃金引き上げが10月から順次適用され、生活保護費受給額よりも最低賃金が低い「逆転現象」が解消される。引き上げ額はここ10年で2番目の高さだが、今後の引き上げについては慎重な判断が必要。
2014年8月17日
男性の育休取得がもたらす会社のメリット
政府は男性の育児休業取得率を2020年までに13%以上にするという目標を掲げたが、一向に取得率は上がらない。育児休業取得を積極的に推進するような企業側のメリットは存在するのか。社会保険労務士が解説。
2014年7月21日
男性社員に育休義務付け、狙いは
日本生命が、男性社員に対し、育児休業の取得を原則義務付ける、との報道があった。今、育児休業給付金の給付額が増額され、国も後押ししている。女性の社会進出に向け男性の育児・家事参加が不可欠。社労士が解説。

2014年6月25日
ディズニーに再燃する労働トラブル、問題点は?
ディズニーランドを運営するオリエンタルランドで、労働トラブルが再燃。解雇されたダンサーたちが、労働組合「オリエンタルランド・ユニオン」を結成し団体交渉を申し込んでいる。問題点について社労士が解説。
2014年6月8日
残業代ゼロ法案 日本と欧米の現状を比較
残業代ゼロ法案として話題になった「ホワイトカラー・エグゼンプション」。労働時間ではなく成果で評価される新たな労働時間の導入は、日本の労働環境でどう運用されるか。欧米との賃金制度の比較から社労士が解説。
2014年4月21日
ユニクロが積極採用「限定正社員」
国内大手衣料品メーカーのユニクロが、パート・アルバイトを限定正社員として雇用すると発表した。規制緩和として内閣が閣議決定した「限定正社員」とは。労働者側と企業側のメリットなどを社労士が解説。

2013年12月2日
上司から部下だけじゃない!同僚間でもパワハラに
パワハラ上司から部下に行われるものだけでなく、同僚や部下からのものもある。パワハラに該当する6つの具体的な行為を挙げ、パワハラのない職場環境づくりについて社会保険労務士が解説。
2013年10月23日
国家戦略特区で雇用の規制緩和はどうなる?
地域を限定して規制を緩和する「国家戦略特区」。残業手当を支払わなくても良い「ホワイトカラーエグゼンプション」や「解雇ルールの明確化」は見送られることに。雇用をめぐる規制緩和の動向について社会保険労務士が解説。
2013年10月16日
台風による休業に給与の支払い義務はある?
10年に1度の勢力ともいわれる台風26号により、やむをえず休業にした企業も。台風による休業の場合、会社は従業員に給与を支払わなければいけないのか?社会保険労務士が解説。

テーマ