JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

影山 正伸

社会保険労務士

影山社会保険労務士事務所

平成6年11月、社会保険労務士資格を取得。平成8月1月、影山社会保険労務士事務所開業。船橋労働基準監督署の労災課相談員や労働基準協会連合会委嘱「就業規則普及指導員」を務め、労働相談、就業規則受理などの経験を積む。平成11年10月、日本人事総研の研修を受け、実力資格制度の導入等のコンサルティングを開始。現在、新規開業企業に就業規則や労働条件の整備をコンサルティングしている。


2013年10月11日
あなたは「名ばかり管理職」?判断する3つの要素
「管理監督者」とされているものの、その実態が伴わない「名ばかり管理職」。未払いの残業代の支払いを求めた訴訟が起きている今、自分が名ばかり管理職かどうかを判断する要素について社会保険労務士が解説。
2013年10月4日
労働基準監督官って違反者を逮捕できるの?
日本テレビ系ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」で労働基準監督官が残業代不払いのリフォーム会社社長を逮捕するシーン。是正勧告を無視し続けると本当に逮捕される可能性も。労働基準監督官の逮捕権について社会保険労務士が解説。
2013年8月19日
アバクロの外見採用は差別?採用選考のタブー
アバクロの外見基準の採用は雇用差別に当たる可能性があるとしてフランスの人権団体が調査を開始。日本における採用選考のタブーについて、「採用選考時に配慮すべき事項」14項目を踏まえ労働問題の専門家が見解を述べる。

テーマ