JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

川邊 暁美

話し方講師

言の葉OFFICE かのん

1987年~1989年 NHK神戸放送局ニュースキャスターに採用され、「ニュースワイド630ひょうご」 「イブニングネットワークきんき」など担当。2001年より、フリーアナウンサーとして、話し方やコミュニケーション、ビジネスマナーなどをテーマに講師として活動を開始。明瞭で説得力のある声の使い方、話の構成、言葉の選び方など「伝わる声と話し方」をトータルで指導。大手企業から行政まで、講演実績を多数誇る。


2017年8月30日
解決!アスクミー JIJICO
達人に学ぶ!相手との距離を縮める声と言葉の使い方
誰とでもすぐ打ち解けて話すには、お互いの距離を縮める言葉や質問のコツがあるようです。笑福亭鶴瓶さんや阿川佐和子さんのインタビューにヒントを探ってみました。
2017年5月4日
今村復興相更迭!激高記者会見とあり得ない失言はなぜ起きた?
「東北で良かった」発言で今村復興大臣が更迭されました。激高記者会見で注目を集める中、さらに許されない言葉を口にしてしまいました。激高記者会見とあり得ない失言をしてしまった経緯について考察してみます。
2017年3月30日
早口はいろいろ損をしている?早口のデメリットと治す方法について
「話し方のココを改めれば確実に信頼度が上がる!」というポイント、それは「早口」です。早口で話すと聞き手は置き去り。内容が伝わらないばかりか、共感も信頼も得られません。早口の改善方法についてご紹介します。

2017年1月24日
伝え方次第で相手への伝わり方は大きく変わる!理想的な伝え方とは?
伝えたつもりは伝わったことになりません。伝え方一つで、相手のモチベーションは上がりも下がりもします。ひとりよがりの「伝えたつもり」ではなく、相手の心のストライクゾーンに響く伝え方のコツをご紹介します。
2016年11月9日
一瞬で相手の心に響く声を手に入れるための毎朝5分のトレーニング
自分の思いをしっかり伝えたいとき、強みになるのは「声の力」です。何気なく発する声の印象が、その後の展開に大きく影響します。一瞬にして相手の心に響く声を手に入れるための毎朝5分のトレーニングを紹介します。
2016年2月28日
LINEのコミュニケーションは面接で通用するか
片時もスマホを手放さず、LINEをこまめにチェックする若者たち。彼らは相手とのコミュニケーションを何よりも大切にしているようです。では、そのコミュニケーションは面接でも通用するのでしょうか?

2015年8月19日
面接試験を突破する受け答えの極意
面接では「伝わる声」で受け答えをすることが大切。「声が聞き取れない」「声が暗くて単調」はイメージダウン。また、「主語」を省かず、結論から話すと安定した印象を与えることができる。話し方講師が極意を伝授。
2015年3月29日
新生活を気持ち良く!自己紹介で失敗しない秘訣
春は自己紹介をする機会も多い。笑顔で名前を照れずにはっきりと言い、姓と名の間は0.8秒の間を。「誰に」「どんな状況で」「どんな立場で」話すのかを考え、そこにいる人たちとを結ぶ最初の架け橋になるように。
2014年7月14日
謝罪会見で炎上を防ぐ正しい謝り方
セクハラやじ騒動の謝罪会見や、政務活動費問題での兵庫県議会議員の号泣会見が海外でも取り上げられている。どのように説明責任を果たすかが分かれ道。「何について」「どのような視点から」謝罪するのかを明確に。

2014年4月28日
仕事に必要な雑談力を高める秘訣
ある調査によると、新入社員の7割が「雑談力に自信がない」とのこと。雑談を避けていると、業務に支障をきたすことにもなりかねない。雑談を弾ませるコツとして「きみにはなしたい」をキーワード専門家が解説。
2014年3月27日
初めてのママ友に好印象を与える話術
新たなママ友とのお付き合いがスタートする春。気の合うママ友は心強い存在に。好感を持ってもらえる「第一印象必勝法」と、初対面との相手とも話が弾む「会話美人の秘訣」を話し方のプロがアドバイス。
2014年3月4日
炎上を引き起こす「失言」の予防策
森喜朗元首相の浅田真央選手についての発言など、公人の失言が世間をにぎわせている。失言をする人は、本人が失言だと自覚していない。聞き手本位で伝える内容を練り、シンプルな言葉で話すのがコツと話し方講師。

2014年1月31日
プレゼンで効果的「小泉流ワンイシュー戦法」
聴衆の関心を一極集中させ支持を集める小泉元首相の話術は「ワンイシュー戦法」と呼ばれ、プレゼンにも効果的。「伝えるべきことが何か」を突き詰め、キーワードを繰り返すことがポイント。話し方のプロが解説。
2014年1月17日
元NHKキャスターが教える喉の健康管理
大切な仕事の場面で声が出ないと「健康管理ができていない」「詰めが甘い」と評価を下げてしまうことも。喉の健康管理の基本は、うがい、マスク、水分補給で、鼻呼吸も効果的。元NHKキャスターがレクチャー。
2014年1月1日
印象に残る!漢字を用いた年頭の挨拶
頭を悩ませる人が多い年頭の挨拶。干支の話題は誰もが思いつきがちで、ネタが重なるリスクも。オススメは「漢字」を用いること。昨年の漢字と今年の漢字の対比が大きければ、インパクトのある挨拶に。伝わる話し方も交えプロが解説。

テーマ