JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

川島 英雄

弁護士

札幌おおぞら法律事務所

上智大学法学部法律学科卒業。2003年弁護士登録後(56期)、札幌おおぞら法律事務所に入所して現在に至る。コミュニケーション能力の高さと、医療的な知識を武器に、相続や離婚など家庭にかかわるトラブルや医療事故・交通事故を重点的に取り扱っている。2012年10月より札幌簡易裁判所民事調停官も務める。


2015年10月17日
殺害予告で逮捕者続出!脅迫罪や業務妨害罪の判断の分かれ目
中学3年生の男子生徒が、学校の校長に対して殺害予告を行ったとして脅迫の疑いで逮捕された。この事件だけでなく、近年、殺害予告による逮捕者が続出している。どんな内容の脅迫が罪となるのか、弁護士が解説する。
2015年5月10日
現行法では不十分?お酒の激安販売規制の動きに疑問
お酒の激安販売を規制するため酒税法などを一部改正する動きが。「酒税の円滑な徴収が阻害される」「一般の酒販店を保護する」といった目的があるが、「現行法では不十分」という明確な根拠があいまいと弁護士。
2015年5月4日
告知されない場合も?事故物件の曖昧な境界線
「居住者がその場で亡くなった」など問題点を抱えている事故物件。法律的に所有者に明確な規定はないが、判断は過去の裁判例を見ても画一的な水準は見出せないため、紛争予防のため「正確な事実の告知」を行うべき。

2015年3月28日
不便さ解消へ「病院に薬局」厚労省が反発するワケ
内閣府に設置されている規制改革会議では「医薬分業」の見直しを検討することに。「医薬分業」の目的は薬剤使用の有効性や安全性の確保と医療費の増大の防止にあるが、その恩恵を患者が感じられていないことが問題。
2015年2月23日
医師から「治療拒否」同意書、法的に問題は?
「この病気については今後一切この病院での治療を受けないことに同意する」という同意書に署名を求められたケースが報道。医師は正当な理由がない限り診療を拒否してはならない。不当な診療拒否となる可能性も。
2015年1月18日
野良猫への餌やりに責任、条例化の是非
条例で野良猫への餌やり行為に対して何らかの責任を負わせる自治体の動きが見られる。最大の理由は、無責任な餌やり行為の防止。反対意見もあるが、目的は一致しているため、どちらが正しいとはいえないと弁護士。

2014年12月10日
「15歳未満の臓器移植」法律の課題は
脳死判定された6歳未満の女児から摘出された心臓を10歳未満の男児に移植する手術が成功。法改正により15歳未満でも臓器移植が可能になったが、脳死判定の難しさだけでなく虐待の疑いを確認することも課題。
2014年11月7日
危険ドラッグ、なぜ法律で全面禁止できない?
使用者が後を絶たない「危険ドラッグ」。主に薬事法で規制しているが、流通させる側の手口も巧妙化しており悲惨な事故も尽きない。規制を闇雲に強化すれば、正当な医療行為に影響が及ぶ恐れもあり難しいとの見解。
2014年9月18日
うつ病で無罪判決、そのワケは?
重度のうつ病と診断された被告人が無罪を言い渡されたというニュースがあった。うつ病だからといって、常に無罪となるわけではないが、日本の刑法では「心神喪失」と判断されれば責任を問えない。弁護士が解説。

2014年8月22日
飲酒で寮生全員に退去通知はやりすぎ?
先日、東北大学の寮で、飲酒を理由に全寮生に対して退去を求める処分が下された。貸主側からの契約解除には正当な理由が求められるため、規則を順守していた寮生にまで退寮を迫ることには疑問が残ると弁護士の見解。
2014年8月4日
交通事故の罰則強化、新設の「発覚免脱罪」とは
5月20日に施行された自動車運転死傷処罰法に加えられた新たな規定の中に、「発覚免脱罪」がある。飲酒等の発覚を免れる目的で逃走する「逃げ得」を無くし、飲酒運転自体を抑止する効果も期待。弁護士が解説。
2014年7月21日
お笑い芸人書類送検、特定外来生物法とは
お笑い芸人が特定外来生物法違反容疑で書類送検に。生態系や人の身体、農・漁業などに被害を及ぼす可能性のある外来生物を無許可で飼育すると個人で最大3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。弁護士が解説。

2014年7月3日
「ツケ」に存在した時効期間、延長へ
法制審議会では民法改正を検討。飲食店での「ツケ」など、消滅時効に関する規定も含まれている。「ツケ」は「短期消滅時効」に当てはまり、現在、1年で時効。改正後、3年~5年で時効となる可能性が高い。
2014年5月31日
自転車乗りながらスマホ、罰則は?
自転車運転に関する違反で、最も目につくのがスマホや携帯電話の使用。安全運転義務違反で、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金になる恐れも。道路交通法上「軽車両」とされる自転車には車両としての義務がある。
2014年5月8日
認定こども園、幼稚園や保育園との違い
認定こども園は、教育目的の幼稚園と保育目的の保育園の機能が一体となったもの。親が就労していなくても預けられることは保育園との大きな違い。施設が費用を決定するため、認可保育園に比べて高額になる可能性も。

テーマ