JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

栗栖 佳子

コミュニケーションコーチ

株式会社宙(sora)

大手人材ビジネス「パソナ京都」に入社し、営業およびコーディネーター・スタッフ研修担当として17年間の在職中10,000人以上のスタッフの面接・研修・クレーム処理・キャリアカウンセリング業務に従事し、営業売上を連続達成。リーダーとして部下の育成や研修を行う。在職中よりコーチングを学び、2009年、株式会社宙(sora)を設立。現在、企業や商工会議所、大学などでコーチング&コミュニケーション研修・講演・セミナーを行う。書籍も出版し、コミュニケーションスキルを通して、人や組織の夢や目標の実現をサポートしている。


2017年1月8日
介護をする人に学んでもらいたい「アンガーマネジメント」
「アンガーマネジメント」とは怒りの感情を上手に分散してコントロールしていくための心理教育。特に介護の現場では怒りの感情が発生しやすいので、アンガーマネジメントを身につけておくことは重要です。
2015年10月6日
若者の「働く意欲」を育てるには
働く意欲や目的を持てずにいる若者たち。「やる気」を引き出すためには、若者たちの気持ちを理解する大人の「聴く姿勢」が大切。また、小さい頃から家業や家事を手伝うなどの就業体験も有効。ビジネスコーチが解説。
2014年6月11日
希望を抱く子どもに育てる親の接し方
子どもを「夢や目標に向かってチャレンジする人」に育てたいと願う親は多い。しかし、「自分の好きなところ」を見つけられない人が大勢いる。幼少期から子どもと同じ視線で希望を語り合うコミュニケーションが必要。

2014年4月9日
克服しない「人見知り」の生かし方
新年度がスタートし、新たな人間関係を築く中、人見知りには「消極的」「非社交的」などマイナスイメージがあるが、プラスの側面も。克服しなければならないといった思い込みは手放し、人見知りを生かすことを提案。
2014年1月24日
承認欲求は悪?満たして伸ばす子育て術
最近の若者は承認欲求が強すぎるのでは?との意見があり、否定的な風潮も見られる。しかし、誰もが本来持っている欲求で、満たしてあげることで自己肯定感が高まり、たくましさを持った人間に育つ。専門家が解説。
2013年11月28日
受験目前の子どものやる気を引き出すには?
受験を間近に控え、親は子どもの様子に敏感になりがち。しかし、親があれこれ干渉すると逆効果。子どものやる気を引き出すには、親が子どもを100%信じきることが大切。受験を機に自立型の人間を育むヒントをコーチングのプロが解説。

テーマ