JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

中川 広美

リフレクソロジスト

Refuge (リフュージュ)

1996年、スイミングスクールでインストラクターとして活動。1997年、フィットネスクラブでインストラクター兼カウンセラーとして活動し、健康学、栄養学、運動学、反射学、心理学を学ぶ。2000年 「東京リフレクソロジストアカデミー」でリフレクソロジーを学び、2001年 リフレクソロジーの資格を取得し、「リラグゼーションサロンRefuge(リフュージュ)」を開店。現在、冷え症・低体温改善を専門に取り組む。


2017年7月8日
『温活』を実行して健康で病気知らずの身体を作りましょう!
現代人は昔の人と比べて基礎体温が0.5~1度ほど低い傾向に。その結果、多くの女性が身体の様々なところに不調をもたらす低体温に悩まされています。基礎体温を上げる『温活』で健康で病気知らずの身体を作りましょう!
2016年2月22日
解決!アスクミー JIJICO
我慢できない皮膚のかゆみ 改善策は?
寒い日が続くと空気が乾燥します。それにより体の表面の水分が発散しやすくなり、皮膚がカサカサに乾いてきます。結果、皮膚のかゆみが発生します。この我慢できない皮膚のかゆみを改善する方法とは
2015年9月15日
眼鏡やコンタクトが老け顔の原因!?目元のシワ、たるみのケア方法
コンタクトレンズの長期使用でまぶたのたるみ、目が細くなるといった症状が出ることがある。目元の肌は乾燥しやすくハリも保ちにくく、たるみやシワなどのトラブルが起きやすい。そんな目元のケア方法を紹介。

2015年6月17日
女性の天敵「夏の冷え」対策
女性の冷え症は冬だけでなく、夏にも続く。冷房の効いた室内で足先が冷え、肌荒れや体調不良を引き起こす。半身浴で足をしっかりと温め、規則正しい睡眠をとること。そして、血の巡りを良くするウォーキングが大切。
2015年1月9日
痛み・かゆみにサヨナラ「しもやけ」対策
しもやけは、皮膚の温度が下がり血行が悪くなって起こる。汗をかいたらこまめに拭いて、靴下は乾いたものに履き替えること。また、血行を良くするには、ビタミンEを補給し、マッサージすることなどが有効。
2014年11月6日
「冷えのぼせ」を防ぐセルフケア
足が冷えているのに顔や頭がぼーっと熱くなる「冷えのぼせ」は、冷えが続いた状態の重度の冷え性。11月以降に増加する。対策としては、首の後ろ、お腹、お尻、足首を部分的に積極的に温めることと専門家。

2014年8月14日
解決!アスクミー JIJICO
「秋バテ」対策に今からやるべきこと
秋に向かうと、朝晩は少しづつ涼しくなる。にもかかわらず、夏の生活リズムや習慣を引きずると「秋バテ」に。原因は、体の冷えから自律神経を乱し、血の巡りを悪くしていること。今から始める「秋バテ対策」を伝授。
2014年7月14日
流行りの炭酸水が持つ驚くべき効果
炭酸水を用いた美容法が流行。飲むことで、疲労の原因となる乳酸を退治してくれるほか、腸内運動が活発になり便秘解消にも。また、石けんを炭酸水で泡立てると皮脂汚れをきれいに落としてくれるなど嬉しい効果が。

テーマ