JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

中村 伸子

弁護士

あおぞら法律事務所

1995年、福岡で弁護士登録。以来、子育てをしながら、数多くの離婚や成年後見、遺産分割などの問題に携わる。弁護士業務の傍ら、2011年からは家庭裁判所の家事調停官(パートタイム裁判官と)して週1回執務。高い専門性を持って、多くの家族に関わる事件を担当している。


2017年8月23日
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年5月25日
解決!アスクミー JIJICO
赤ちゃんポスト10年 問われる匿名性の是非
赤ちゃんポストが設けられてから10年が経ちました。匿名性によって守られる命と,子どもが親を知る権利の確保とを,どのようにして調整すべきか,この難しい問題は未だ解決していません。
2017年1月31日
生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー
小田原市の生活保護担当職員が,保護なめんなとプリントされたジャンパーで職務にあたっていたことが問題に。このような行為は生活保護の利用が憲法で保障された権利であることに対する誤った認識を助長しかねません。

2016年9月27日
法制審議会が性犯罪厳罰化へ答申 強姦罪は告訴不要など
法制審議会は性犯罪の罰則を強化するなどの刑法改正要綱骨子を答申しました。強姦罪は告訴不要、法定刑の下限の引き上げ、などの内容ですが厳罰化によって性犯罪は減るのでしょうか?弁護士が解説します。
2016年8月4日
改憲が現実味 改憲するということの意味は?
参院選挙の結果、改憲勢力が3分の2の議席を獲得し改憲が現実味を帯びてきました。改憲には国民投票によって過半数の賛成が必要とされていますが、国民投票の実施にはいろいろ問題があると弁護士は解説。
2016年3月26日
児童虐待発見?通告は大人の「義務」
親による子どもの虐待は後を絶ちません。身近でそのような虐待を見つけた場合、どう対応すれば良いか?もしかしたら虐待かな、と思われる程度でも通報する義務が発生すると弁護士。

2015年12月2日
親子関係不存在確認の訴え!夫側勝訴の判断材料
男性俳優が婚姻届を提出して200日目に生まれた子どもに対し、親子関係がないことの確認を求めた裁判が話題に。結果、「親子関係がない」との判決が言い渡されたが、決め手となったのは婚姻届提出後の日数にあった。
2015年10月8日
夫婦共有名義のマンション、財産分与に持分は関係なし
夫婦が離婚する際、問題になるのが財産をどう分けるかということ。原則として2分の1ずつ分けることとなり、不動産や預金の名義が「夫と妻のどちらにあるか」が影響することはない。弁護士が解説。
2015年7月26日
美容医療のHP規制消費者委員会、トラブル増加で異例の再建議
内閣府の消費者委員会は、美容医療を行う医療機関のHP表記に関し、虚偽・誇大広告が目立つとして規制を求める建議書を提出した。広告には当たらないと対象外だったHPに、なぜ規制が入るのか。専門家が解説。

2015年5月10日
「外国人は生活保護法の適用外」最高裁判決を読み解く
最高裁で「外国人は生活保護法による保護の対象にならない」という判決があった。この判決で、外国人が生活保護を利用できなくなるわけではない。ただ、外国人の保護申請が却下された場合、不服申立はできない。
2015年3月1日
消費者不利な約款、民法改正案で無効へ
契約に関する民法規定の見直しにより、消費者を害する約款が無効となる可能性がある。事業者は約款が消費者に理解しやすいものか、また、消費者を一方的に害することのない内容となっているかの見直しを迫られる。
2014年10月13日
暴行客にラーメン提供、犯罪看過は罪にならない?
東京北区のラーメン店で、口論となった末に暴行を行い、相手を死亡させたという事件が発生。被疑者は犯行後に「最後の晩餐」としてラーメンを完食したというが、犯罪を看過した店側に責任はないのか。弁護士が解説。

2014年9月25日
福岡市の「禁酒令」は人権侵害か?
福岡市の高島市長が、全職員に公私を問わず自宅外飲酒を禁止する「禁酒令」を発したことによって人権を侵害されたとして、市職員の男性が市に対し、慰謝料「1円」の損害賠償を求め福岡地裁に提訴。弁護士の見解は?
2014年9月12日
深刻化する女性の貧困問題、対策は?
生活が困窮し、頼る身内もなく行き場を失って女性(婦人)相談所の一時保護施設に保護される女性が増加。背景に、結婚後の働き方による負の連鎖が。非正規職員の正社員化促進や社会保障制度の見直しが急務と弁護士。
2014年7月24日
勝手に商品が届いたら…悪徳商法を撃退する対処法
注文していないアダルトDVDを勝手に送りつけ、高額な代金を請求する悪徳商法の相談が増加。商品を受け取った段階では売買契約は成立せず、送りつけられた商品は14日間は使用・処分しないように。弁護士が解説。

テーマ