JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

中山 聡

一級建築士・不動産鑑定士

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

富山県生まれ。東京大学医学部を卒業後、信託銀行(現.三井住友信託銀行)、近畿大学工学部、不動産開発上場企業(現.日本アセットマーケティング株式会社)、早稲田大学大学院ファイナンス研究科招聘研究員、チームラボ株式会社、株式会社カレン、不動産コンサルティング企業にて、インターネットで不動産取引ができる環境づくりを中心に、研究開発室長、経営監査部長として事業開発、M&A、事業会社管理に携わる。2012年に帰省し、株式会社リアルブレイン不動産鑑定代表取締役を経て、現在、わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社代表取締役。不動産鑑定士・一級建築士。執筆・著書に『ビジネス図解 不動産のしくみがわかる本(同文館出版)』『空き家の問題と不動産鑑定評価について(北陸不動産鑑定会会報)』『はじめてでもわかる不動産金融工学(雑誌「ルクラ」連載)』『不動産カウンセリング実務必携(日本不動産カウンセラー協会刊・共著)』などがある。


2015年11月27日
管理不能?世代間闘争で生まれる「マンション廃棄物」
マンション老朽化に伴う建て替えに際し、世代の分裂が原因で管理組合の意見が分かれるというケースが発生する。両者にとって不満の結果になれば、双方に乗って不満の残る「廃棄物」と化したマンションが生まれる。
2015年10月21日
高級分譲地から空き家だらけの団地に転落、専門家の現地リポート
東京近郊のある団地。昭和50年代に大手不動産会社が造成した高級分譲地だったが、今や空き家だらけで昔の面影はない。専門家がそんな現地の様子をリポートするとともに、田舎よりも深刻な都市の空き家問題に迫る。
2015年10月18日
営業マンが秘密にする「新築マンション」が値下がりするワケ
新築マンションは購入して入居した直後から値崩れが始まっているという。新築当時のブランドイメージは、中古市場では通用しない。購入時の営業マンは教えてくれない、新築マンション値下がりの裏側を専門家が解説。

2015年7月25日
空家対策措置法施工も頼れぬ行政、ブラック企業と化した役所の功罪
空家対策特別措置法が施行され、2カ月が経過した。対策は市町村の仕事と位置づけられたものの、報道では人も予算も不足しており、なかなか前へ進まない。現場での状況を専門家が伝える。
2015年7月20日
不動産「囲い込み販売」は必要悪か?
大手不動産会社の「囲い込み販売」が問題視されている。物件について問い合わせた際、不動産会社と個人で回答が異なるというが、それぞれ仲介手数料の違いが原因。しかし、そうした方法のどこに問題点があるのか。
2015年6月24日
パラレルワールドな様相を呈す不動産市場の今
アベノミクスの影響で価格の値上がりが続く一方で、供給過多により1円にもならない住宅があふれるなど、二極化が進む不動産市場。まさにパラレルワールドな様相を呈する市場の現状を不動産の専門家が解説する。

2015年6月7日
空き家と新築が共に増加する住宅市場の矛盾
空き家の増加を尻目に、新築住宅着工数も増え続けている。背景には、新築に有利な状況の優遇措置、中古住宅に必要なリフォーム費用などがある。現状、住宅の需要と供給のバランスは完全に崩壊していると専門家。
2015年5月12日
結論は圧勝!「賃貸VS持ち家」論争の終着点
何かにつけて話題になり、なかなか決着がつかない「賃貸VS持ち家」にまつわる論争。個人的な経験からも不動産知識と理論から考えても、専門家は明らかに「持ち家」の勝ちだという。その理由とは。
2015年4月15日
田舎暮らしの障壁?集落地元住民との円満な付き合い方
田舎暮らしに憧れる若者が増える一方、地方独特の人付き合いやルールに苦しみ、都会に戻る若者もいる。前回はそんな現実を架空の人物に基いて紹介したが、今回はより具体的な対処法について、不動産の専門家が紹介。

2015年4月13日
田舎に憧れ移住した若者に襲い掛かる「集金地獄」と対処法
田舎暮らしに憧れを抱く若者が増える一方、異なるルールや人付き合いに苦しみ、都会に戻る人も出てきている。東京から田舎を夢見て移住した架空の人物を例に、田舎暮らしで実際にある集金地獄と対処法を紹介。
2015年3月24日
ついにバブル到来?マンション売却を勧める5つの理由
個人が保有する金融資産が過去最高を更新するなど、実感は伴わなくとも現在の日本はバブル期さながらの状態にある。人口減少や空き家増加などの理由から、マンションの所有者にとって売りどきは今しかない。
2015年1月8日
「危険な空き家」解消に乗り出した国策の行方
空き家の増加が社会問題となり、日本全国の自治体・組織が問題解決のために動いている。国も固定資産税優遇の見直しによって空き家増加に歯止めをかける意向だが、それだけでは問題は解決しないと専門家。

2014年12月14日
ヘルスケアリート初上場、「老後」を投資対象とする是非
老人ホームや高齢者向け住宅を不動産投資信託とする「ヘルスケアリート」の日本初上場から、1カ月が経過した。高利回りとの前評判を維持しているものの、その裏に隠れた高齢化社会の変化を見逃してはいけない。
2014年12月1日
加速する国際都市間の競争に隠れた課題
都市の国際競争力を高めるため、税制改革や規制緩和に向けた取り組みが必要との提言があった。しかし、不動産は本来無価値であり、競争の範囲を都市間にまで広げる前に、他に取り組むべき課題があると専門家。

テーマ