JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

折本 徹

行政書士

折本 徹 行政書士事務所

1964年、東京都出身。日本大学法学部卒業後、当時、信用金庫で預金量1位の城南信用金庫に入社。主に、渉外業務を担当。 同庫退社後、1995年12月に行政書士開業しました。 1998年から、外国人関係業務に取り組み始めています。 早く業務に詳しくなろうと考え、当初は電話での無料相談を受けまくりました。 しかし、相談も依頼も、最初の頃は悪戦苦闘、冷や汗の連続でした。 「ローマは一日にてならず」の言葉どおり、少しずつではありますが、知識、経験を身につけました。 最近の主な実績 平成24年3月 専門学校より紹介される。在学中の韓国人男性が、調理と商業実務の知識を活かし、焼肉チェーン店の経営管理業務に内定。留学から人文知識・国際業務の在留資格変更申請を受託。申請日から7日で許可になる。 日本人男性(40代)と中国人女性(30代)夫婦の在留資格認定証明書交付申請を受託。


2017年9月19日
解決!アスクミー JIJICO
日本は本当に外国人労働者に依存しているのか?
人手不足の解消に「外国人雇用」を考えている企業も増えてきているようです。一方、外国人労働者への依存の懸念も。果たして、現在依存状態にあるのでしょうか?
2017年2月17日
フィリピン人家政婦受け入れ 働く女性の家事軽減などにつながるか?
国家戦略特区でフィリピン人家政婦の受け入れが始まります。成功するかどうかはこれからの運用次第ですが、働く女性の家事負担軽減や家政婦の労働力不足の解消につながることが期待されます。
2017年1月31日
日本の移民問題 不法残留外国人にどのように対応していけば良いか?
報道によると、技能実習制度で来日し失踪した外国人が昨年5,800人を超え、過去最多に上ったということです。6万人を超える不法在留外国人を減らしていくにはどうしていけば良いのでしょうか?

2016年10月15日
加速することが予想される外国人労働者受け入れ 問題点は?
政府は人手不足の業界において、外国人労働者受け入れを検討しているようです。しかし、外国人労働者の受け入れ実施には業界単位で様々な問題があるだけではなく、日本人労働者の待遇や治安への影響も予想されます。
2016年9月3日
地方空港の国際線着陸料3年間無料 期待される効果は?
国土交通省は、訪日客誘致に積極的な地方空港の国際線の着陸料最大3年間無料にする方針を明らかにしました。これによってどのような効果が期待されるのでしょうか?専門家が解説します。
2016年4月23日
増える訪日旅行客に対応するため外国人労働者にもっと門戸を広げよ
増える訪日旅行客に、ホテル・旅館等で外国人労働力の需要が高まっています。しかし、現行では専門的な仕事以外認められておらず、政府の2020年訪日旅行客4,000万人の目標に向けて緩和が必要。

テーマ