JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

長田 正子

メイクアップアーティスト

C・F・E ビューティーカラー

1級カラーコーディネーターほか、色やメイク、骨格診断など、美に関するさまざまな資格を取得。理論やデータも交えながら、楽しく分かりやすいアドバイスで女性の美しさを引き出すサポートを行う。 団体・企業向けにもレッスンを提供。


2015年6月18日
暑さで崩れるメイク・夏の化粧直しの秘策とは?
海に山にレジャーが楽しい季節が目の前。でも気になるのは汗で崩れるメイク。持ちを良くするためにはスキンケアやベースメイクに手を抜かないことが大切。外出にはスポンジ、ティッシュ、綿棒の3つをお忘れなく。
2015年2月21日
旬の「ふんわり太眉」失敗しない作り方
ストレートな太眉がブーム。バブル期との違いは「ふんわり感」。眉下の部分を描き足すのがコツ。1本1本を埋め込むように丁寧に。また、ペンシルだけで描こうとせずパウダーを併用すること。眉マスカラは必須。
2015年1月6日
成人式の振袖に映えるメイクの秘訣
もうすぐ成人式。ベースメイクの仕上がりで「振袖メイク」は決まるとメイクアップアーティスト。振袖のアイメイクは、切れ長の目元が似合う。チークは、うすくふんわりが基本。リップは普段より赤みをプラスして。

2014年6月18日
夏のメイク崩れ、効果的に防ぐには
夏はメイク崩れが気になる季節。この季節も保湿は大切で、サボると逆に皮脂が出やすくなりメイクが崩れる原因に。炭酸スプレーやアイブロウコートを活用するなど、メイクの持ちを良くするノウハウをプロが伝授。
2014年5月16日
すっぴん美人になるスキンケア
芸能人が「すっぴん」を公開するのがブームに。素肌の状態が、メイクのノリに大きく影響するため、すっぴんを美しく保つことが大切。年齢や肌質に合ったスキンケアをすることがポイントとメイクアップアーティスト。
2014年4月26日
TPOに合わせたメイクで印象操作
理研の小保方晴子さんの謝罪会見。ブラウンを中心としたナチュラルメイクが記憶に新しい。メイクには人に与える印象を操作する力がある。状況に応じたメイク方法を、メイクアップアーティストが伝授。

2014年3月22日
「だてマスク」メイクのポイント
最近、市民権を得た「だてマスク」。メイクの時間が省けたり、アラ隠しができるため、着用する女性も多い。「目元に濃い色はNG。眉は必ず整える」がポイント。目元が明るいと、アンチエイジング効果も期待できる。
2013年12月20日
メイク苦手女子がクリスマスに輝くコスメ
誰もが心を躍らせるクリスマス。「メイクが苦手でも、たまにはオシャレしてみたい」。そんな女性のために、上品に大小のラメを簡単につけられるアイテムや「つけ睫毛」など、クリスマスに輝くためのコスメとメイク方法をプロが紹介。

テーマ