JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

大竹 光明

社会保険労務士

大竹社会保険労務士事務所

平成12年、関西大学社会学部卒業。平成18年に大阪市城東区にて独立開業(平成20年に大阪市中央区に移転)。顧問契約している企業は、大阪を中心に製造業、建設、卸売り、飲食店など多彩で、社員数一名の中小企業から数万人の社員を抱える東証1部上場企業まで幅広い。労働・社会保険の手続き代行、リスク管理型就業規則作成、人事・賃金制度構築支援、労務管理コンサルティングなどを手がける。


2018年4月20日
解決!アスクミー JIJICO
JR東労組で組合員の大量脱退、現代の労働組合の意義とは
JR東日本の労働組合で組合員が大量脱退。その理由とは。働き方の多様化・個人主義が進む今、労働組合の意義について考えます。
2018年3月16日
解決!アスクミー JIJICO
労働力不足の穴埋め?外国人技能実習制度の現状と課題
人口減少社会に転じている日本。本来技能を習得するための外国人技能実習制度が労働力不足の穴埋めに?現状と今後の課題を解説します。
2018年2月14日
解決!アスクミー JIJICO
長時間労働で疲労困憊の医師たち。医療現場の労働環境は改善できるのか?
医師の過重労働が問題となっています。現状の問題点から、医師の労働環境を改善していくために必要なことについて考えます。

2017年12月29日
解決!アスクミー JIJICO
子育て中でもキャリアを諦めない女性の働き方
法整備や社会の意識改革が進み、子供を持つ女性も仕事を継続しやすくなってきました。これからの子育て中でもキャリアを諦めない女性の働き方の重要性について解説します。
2017年11月27日
解決!アスクミー JIJICO
不満社員が多い日本企業が生産性を高めるために必要なこと
日本企業社員の3人に1人が会社に不満。社員のやる気がないと生産性は下がります。労使のミスマッチを減らすための方策をご紹介します。
2017年10月17日
解決!アスクミー JIJICO
長時間労働によるNHK記者の過労死 優秀な社員をつぶさないために
NHK記者の長時間労働による過労死。記者の責任感に任せて過重労働を放置していたNHK。意欲ある社員の長時間労働是正のために何が必要なのでしょうか。

2017年9月11日
解決!アスクミー JIJICO
タバコを吸わない社員に有休「スモ休」は広がるか?
非喫煙者に対して有休を増やす「スモ休」を導入する会社が現れました。仕事中のタバコ休憩についての法的解釈と、「スモ休」の効果や今後について考えてみました。
2017年8月2日
解決!アスクミー JIJICO
今も続く縁故採用 その是非は?
昔からある縁故採用(いわゆるコネ入社)。人材不足の現在では少しニュアンスが異なってきているようです。メリット・デメリットを含め解説します。
2017年7月1日
インターンシップで学生囲い込み?就活前のめりの実態について
夏休みを前に、大学3回生向けの企業インターンシップが本格化。学生の職業経験のための制度ですが、近頃では内定をもらうためのルートとして活用されることも。インターンシップのメリットとデメリットについて解説。

2017年6月12日
奈良県がサマータイム廃止 サマータイムは使えない制度なのか? 
奈良県が2012年から実施してきたサマータイムを職員からの不評などを理由にやめることを決定しました。同じくサマータイムを導入して業務効率化に成功した企業と比較してどのようなことに配慮すべきなのかを解説します。
2017年5月19日
増えるシニア層アルバイト 人材不足の救世主となるか?
コンビニなどでのシニア層アルバイトが増えています。元気な高齢者は人材不足の救世主となるか?雇用する側、される側双方にとってメリットがあるシニア層アルバイト。今後の展望と注意点についてまとめます。
2017年5月6日
職場飲み会が仕事の生産性を上げる!?
グーグルでは、社員同士のコミュニケーションを増やすための福利厚生を手厚くしています。コミュニケーションが増えると生産性の向上につながるということですが、日本の「職場飲み会」はどうなのでしょうか?

2017年4月14日
くるみんマーク認定が厳格化へ 働き方を見直す分岐点となるか?
子育てサポート企業として認定される「くるみんマーク」が電通職員の過労自殺などを受けて厳格化されることになりました。これにより、働きやすい職場づくりというものを実質化することができるのでしょうか?
2017年3月27日
残業月100時間未満で決着へ 働き方改革につながるか?
経団連と連合との協議で、残業時間の上限が「月100時間未満」で決着しました。実質無制限だった残業に初めて上限が設けられることに。ハード面での整備が整いつつあり、これまでの働き方からの転換が迫られています。
2017年3月5日
企業の4割以上が正社員不足 過去10年間で最多
帝国データバンクの調査で4割を超える企業で「正社員不足」との結果が。少子高齢化が進む中、多様な人材確保ルートの構築や人材育成、外国人労働力の活用など、今後企業が人材を確保していくための方法を考えます。

テーマ