JIJICO

専門家プロフィール&記事一覧

島谷 美奈子

キャリアカウンセラー

パーソナルライフデザイナー島谷美奈子

福岡県出身。大学卒業後大手百貨店の販売企画を経て、人材ビジネス業界へ転身。営業、コンサルタント、研修運営を歴任。2004年にカウンセラー資格を取得後は官公庁公的機関等にて再就職支援・キャリアカウンセリング業務に従事。カウンセリング実績は約800名に上り、2300回以上を数える。現在、女性のためのキャリアデザインや35歳からのキャリアカウンセリングサービスを実施。


2016年8月6日
ベテラン保育士の活用で助成金!待機児童問題の解決に近づけるか?
政府は保育士の定着率を高めるため、勤続年数等の条件を満たす保育所へ助成金の増額を打ち出しました。今回の施策で保育士不足の解消、待機児童問題の改善につながるのでしょうか。キャリアカウンセラーが解説します。
2016年5月13日
「35歳までの働き方」 後輩に抜かれた時の考え方と対処法
年功序列が崩れ、キャリアの早い段階から後輩社員が先輩社員を追い抜くことは普通に。後輩に追い抜かれたときの心構えと振る舞いについてキャリアカウンセラーが解説。
2016年4月19日
待機児童問題は改善するか?定員超え自治体6割以上
待機児童問題が国会で取り上げられるなど議論が進んでいますが、実際には定員を超えている自治体が6割と問題解決にはまだ遠いという状況です。現実を踏まえた今後の改善策についてキャリアカウンセラーが解説します。

2016年2月23日
女性管理職は中小・外資企業から引き抜く!大手企業のヘッドハンティング術
2020年までに女性管理職の割合を30%にしようという目標が政府から掲げられています。転職市場では女性管理職のヘッドハンティングが活況を帯びています。その背景と今後予想される傾向とは。
2015年11月30日
男女平等格差は先進国の中でも最低水準!女性活用が必要な理由
世界経済フォーラムの最新報告によれば、日本の男女格差の順位は世界145カ国中101位で、先進国の中でも最低水準となった。近年は女性の活躍に焦点が当たるものの、一向に改善されない理由や解消へのヒントを解説。
2015年11月1日
子育てママの再就職支援!新たな働き手として母親が担う期待
東京都多摩市は子育てママの就職支援として保育施設への補助金制度を導入。しかし、施設の整備だけでなく、個々の事情に合わせた仕事の紹介とスムーズな就業へのアドバイスができる就職支援機能が必要と専門家。

2015年9月25日
特殊な日本の新卒採用。欧米とは真逆の方針は今後も続く
今年は新卒採用のエントリー開始、選考開始時期が変更されて話題となったが、新卒時期に企業が学生の選考を実施し、新卒入社として育てていく雇用スタイルは日本独自のもの。この傾向は今後も続くのか。
2015年7月24日
見た目が大事の本当の意味!企業が重視するのは表情美人
顔採用する企業があるといった噂があるが、就活や転職者の面接で企業が見ているのは目鼻立ちが整っている美しさではなくて表情。笑顔であることは大切だが、喜怒哀楽をもって相手の話を聞く姿勢がポイント。
2015年7月14日
主婦の味方「超時短勤務」で賢く再就職
「週3日以上」「1日4時間以上」という求人が多い中、主婦の再就職は「あと1時間」「あと1日」がネックに。人手不足のサービス業を中心に「超時短勤務」の職場が増加傾向に。賢く働く方法をアドバイス。

2015年6月19日
ママの社会復帰、ブランクを乗り越える備え
再就職する女性が増えているが、ブランクの壁が立ちふさがり短期間で退職してしまうケースも。働く前から「働きながら育児・家事」の生活スタイルに変えるなど、ブランクを経て仕事復帰する際の備えを専門家が紹介。
2015年6月13日
ワーキングママの悩み「小1の壁」の打開策
子どもの小学校入学でワーキングママが直面する「小1の壁」。登校をサポートする各種サービスや、午後6時以降も預かってくれる民間の学童を探すなど積極的に情報収集を。ママが頼れる環境作りを今からスタート。
2015年5月21日
母子家庭の貧困率50%超え、背景と求められる支援策
ひとり親家庭の貧困率が50%を超え、特に深刻な状況にあるのが母子家庭。手厚い公的サポートが施されているにも関わらず、状況が改善されない背景と求められる支援策について専門家が解説する。

2015年4月18日
「トラガール」が業界を変える?女性が輝くトラックドライバーの道
男性が働くイメージが強かった運送業界に女性トラックドライバー「トラガール」が増えつつある。運転業務のみならず荷物の積み下ろしといった体力仕事だが、女性が活躍できる可能性を大いに秘めている。
2015年4月8日
「貧困女子」急増の背景と求められる支援策
約3人に1人の単身女性が手取り賃金10万円を下回るという現実が明らかになり、「貧困女子」という言葉が注目を集めている。急増の背景と貧困から抜け出すために求められる支援策について専門家が解説する。
2015年3月22日
キャリアアップへの障壁「ガラスの天井指標」とは?
主に女性の社会進出を示す「ガラスの天井指標」で、日本は世界で韓国に次ぐワースト2位に位置している。自分が「女性」ということにとらわれず、行動を変えていくことが日本で女性の社会進出を促すことになる。

テーマ